三国志〈2〉参旗の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)

  • 175人登録
  • 3.76評価
    • (26)
    • (16)
    • (47)
    • (0)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 北方謙三
  • 角川春樹事務所 (1996年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894560505

三国志〈2〉参旗の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

  • これは本当に奥が深い!多くの視点から多くの人物を楽しめる。特にクローズアップされていたのが裏切りの連続で親殺しも関係なく無法者とされていた呂布の気持ちなど読んでいてよくわかる。池上先生のコミック「覇」にあるような荒々しい呂布とも違い男として時代を駆け抜ける彼の美しさに心震わされ、それに3兄弟の末弟として強さだけが誇張され続けた張飛の繊細さに心配り、そして人を愛する気持ちなどは彼が死ぬ時にすべて読んできた中の思いが一瞬で溢れてきて涙が止まらない!

    先日、北方先生の「黒龍の柩」を読んで山南と土方のお互いの見えない思いについて語ったが、やはりこの三国志も同様であって男性が読むには心を揺さぶるいい作品です。

    史実に沿った作品ではあるが、名前だけでしか知らなかった魏延・馬謖・姜維・王平・許褚・張遼・韓当・馬超などもっともっと知りたいと思える人物が本当にいた。話の中で作られた人物が何人も出てくるが、彼らがしっかりとサポートして史実上の人物をどんどんクローズアップさせていく。

    頭の中で多くのシーンがフィルムとなって映し出されたが一番は呂布の愛馬である赤兎馬が死に掛けた時に劉備の配下であった成玄固に赤兎馬の命を託すシーンなど今でも僕の勝手な映像として頭の中に残っている。

    元々は呂布の配下であった張遼。その後は曹操の勇将として知られるが、呂布軍の伝統を貫き闘志無敵の騎馬隊を率いる姿も忘れられない。やはり何度も言うが北方先生の作品を読むのはすべての先生の作品を読んだ一番最後が妥当だと思う。本当の漢達を読ませてくれます!

  • 読みやすくて面白い。
    登場人物もしっかり書き分けしてくれているので、読み始めれば、さほど混乱しない。
    ただ、カバーの登場人物紹介でネタバレし過ぎじゃないですか?!
    この巻の内容書いちゃうのはアウトじゃないですか?!
    うっかり重要人物のを先に読んでしまって、「へえ…あの人に殺されるのか…へえ…」と本編前に虚無感に襲われた…。
    もう常識だということなのかも知れないけど、私は何も予備知識ないんだよーやめてーー!

  • 北方三国志ニ巻目。呂布も劉備も曹操もかっこいい。ニ巻目は特に呂布と劉備のやり取りの中で、呂布の武人に徹する姿と、きたない事もしなければならない劉備の苦悩(腹黒い一面)に読みながら唸った。吉川三国志も良いが北方三国志はもっと人間味があってその分共感できる(吉川三国志とは別の共感がある)。

    吉川版では呂布に徐州を奪われるのが張飛の大酒のせいにしているが、北方版ではそれはすべて演技。劉備が苦悩しながら大道を選ぶための、いわば謀略に呂布の参謀である珍宮がのっかった形。張飛の面目が保たれているので私的には小気味良かった。

    北方三国志ではキリスト者として主に仕えることと、人が集まる(人の心をつかむ)言わば人を主のもとに集めることのヒントがあると思う。

    星五つ。

  • 読み始めたのがバレて「誰のファン?」と聞かれた。

  • 呂布。どんな三國志でも、序盤の魅力はやはり、彼だろう。
    マザコンであり戦士である彼の、母や揺、陳宮、黒騎兵、胡郎との会話や触れ合いは、油断すれば涙が出てくるほどに心を揺さぶられる。彼にとっての董卓や丁原を見ていればより一層。
    呂布と陳宮の関係は何というべきなのだろう、友情と言えるのだろうか。「士は己を知る者のために死す」という言葉からすれば、形と逆転して呂布が陳宮に仕えているように見えなくもなく、実際陳宮を救いに行って呂布は死ぬ。まぁでも、互いが互いを大事に思うという点から見れば、やはり『友』というのが一番近いのかもしれない。
    自己投影するには難しい呂布(まぁするんだけど)の側で共に戦う陳宮を見て一番強く思うことは「羨ましいぞ、陳宮」ってところじゃないだろうか。

  • うーん、どうやら俺に北方謙三作品は合わないみたいだ…
    どうしても臨場感が感じられず、淡々とした進行に嫌気が…
    三国志は、吉川版を読もうかな…

  • 善人なだけではなく計算高い劉備、熱いものを秘めた曹操、颯爽と頭角を現す孫策。人間味溢れる呂布にじんとなる。読んでいて熱くなる展開。

  • 二日間一気に読了。曹操への評価が、若い頃読んだときとは真逆に変わってきている。映像のごとくストーリーは読み込める。

  • 董卓と呂布が物語の中心、劉備はまだ良いところがない。
    前半の劉備は弱くて心もとない、しかし豪傑は集まってくる。
    なぜだろう。

  • 呂布格好良いな…。
    劉備の活躍が見たい。

  • 2012年05月 04/37
    3巻までは呂布の物語でしたね。ちょっとした縁、タイミングってとても厳しいものです。誰が悪いのでなく、めぐりあわせとしか言えないものですし。

    2008年10月 16/127

  • 8/25 孫策頑張れ…!

  •  やっぱり赤兎といる時の呂布が好きです。最後の方で話してる時だって羨ましかった。
     孫策が出てきた時にやっと来た! と思ったぐらい、曹操さんや劉備たちがあちこちで頑張っていたようです。それにしてももう少し早めに出て来れなかったのかなって思いますが、その分今後に期待。

  • またもや有名な『離間の計』は出て来ず、当然ながら貂蝉も出て来ません。しかし北方氏オリジナルの姦計で呂布が董卓を討ちます。

    北方氏の描く呂布は、これまでのイメージを覆すようなとっても良い男に仕上がっています。他の三国志では悪者扱いされている呂布も、「北方三国志」では愛すべき存在。呂布が好きな方は読んで損はしないはずです。

全16件中 1 - 16件を表示

三国志〈2〉参旗の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

三国志〈2〉参旗の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

三国志〈2〉参旗の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

三国志〈2〉参旗の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

三国志〈2〉参旗の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)はこんな本です

三国志〈2〉参旗の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)の文庫

ツイートする