果しなき流れの果に (ハルキ文庫)

  • 858人登録
  • 3.86評価
    • (88)
    • (89)
    • (90)
    • (14)
    • (3)
  • 80レビュー
著者 : 小松左京
  • 角川春樹事務所 (1997年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (437ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894563698

果しなき流れの果に (ハルキ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 名作であり古い作品ですが文体に古さは感じません。

    断片的に語られていくスタイルに慣れることができればあとはもう脳みそをパカっと開けて階梯を登って行く快感が待っています。

    SF小説に対する自分の許容範囲や固定概念を突き破ってくれた。

  • 「無数の世界を渡り歩き、前半部に配置されたエピローグに至るまで、虚しさと無限が美しく絡まり合う。通勤電車の中で読んでいて、ふっと思考が頭のてっぺんから飛んでいきそうになった。」

  • 自分が小6か中1の誕生日プレゼントとして「日本沈没」を買ってもらった記憶がある。その頃にこの作品まで手を伸ばしていたら,自分の人生は変わっていたかもしれないと言うのは大袈裟だろうか。

  • 墓場まで持っていく。持って行ったあと、時空を超えた人たちがこれを発掘したらおもしろかろう。

  • 壮大だなー。

  • 小松左京の数多ある作品の中でもベスト・オブ・ベストの最高傑作にして、日本SFオールタイムベストの常連作品。
    「日本沈没」が最も有名だが、小松左京でなにか一冊だけ読みたいなら、これを読めば間違いない。
    「2つの」ラストがリンクした時に拡がる光景と、読後感は最高傑作に相応しい。

  • 引き込まれてグイグイ読んでしまいました

  • この壮大さは『星を継ぐもの』に匹敵するのでは?!。並行世界、時間旅行。だけでなく、SFと聞いて思い浮かぶほぼすべての要素がこの一冊に詰まってるんじゃなかろうか。とにかくスケールの大きくて面白く読んだ。でもなんとなく、SF入門として勧められる本ではなく、一通りのパターンに慣れて(?)いるSFマニア向けなんではないかな(笑)という気がする一冊でした。「学問全体が魔法に近づいてくる」と言う台詞は落合陽一『魔法の世紀』を思い出した。史実に基づく小ネタにも驚かされ、つくづく知らないことが沢山あるなと思った次第です。

  • 小松左京の作品ははじめて読みました。
    某サイトで代表的な作品としておすすめされていたので購入。

    序盤は、設定や魅力のあるキャラクターたち、思わず線を引きたくなるような台詞によって、物語へ引き込まれました。
    ですが、中盤、とにかくよみづらかった。。

    あとがきにて本人も語っておられますが、とっちらかってます。
    正直、まとまりはないです。SF小説とは本来そういうものなのかもしれませんが、あまりにも話が飛躍、専門的な用語が多すぎて、僕の頭では、到底この作品を評価することはできないな、と思いました。

    ただ、時間軸とか三次元、四次元、という考え方や、宇宙とか、そういった物の見方には刺激を受けました。

    ただ、小松左京作品初読のひとにこれをおすすめするのはナンセンスだと思います。笑

  • 壮大なストーリー。
    ひとりの女性の平凡な一生と、ひとりの男性の希有な人生が交わるところでゾクッとした。
    時間の捉え方が凄い。

全80件中 1 - 10件を表示

小松左京の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
村上 春樹
安部 公房
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

果しなき流れの果に (ハルキ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

果しなき流れの果に (ハルキ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

果しなき流れの果に (ハルキ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

果しなき流れの果に (ハルキ文庫)のKindle版

果しなき流れの果に (ハルキ文庫)の文庫

果しなき流れの果に (ハルキ文庫)の文庫

ツイートする