戻り川心中 (ハルキ文庫―連城三紀彦傑作推理コレクション)

  • 58人登録
  • 4.19評価
    • (14)
    • (9)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 連城三紀彦
  • 角川春樹事務所 (1998年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (457ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894564107

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

戻り川心中 (ハルキ文庫―連城三紀彦傑作推理コレクション)の感想・レビュー・書評

  • 文章の力を思い知らされる。
    暗い時代にに男女の情念が絡み合う。
    そして突然、男女の悲恋の物語が一気に反転し、驚愕の真実が闇の底から浮かび上がる。
    偉大なる巨人がミステリー界に存在し、今は失われたことに愕然となる。

  • 図書館にて借りる。初連城作品。端正な美文とはこういう文章の事か。

  • 8つの物語はどれも不思議な酔い心地がした。

    暮色、街燈、男と女、それぞれのストーリーを象徴する花。
    その美しい情景にミステリー小説であることを忘れてしまいそうになるが、水面下で静かに謎が潜行しており、最後に明かされる思いがけない真実に驚愕する。
    白黒をつけない朧気な終幕は、読後の余韻が後を引く。

    「藤の香」の代書屋、「桔梗の宿」の遊女、「夕萩心中」の書生と人妻の悲しみが印象に残った。罪は憐れ、人も憐れ…。

  • 明治・大正・昭和初期を舞台とし、花の名前と心中をモチーフとした作品集。「藤の花」・「桔梗の宿」・「戻り川心中」が個人的ベストです。

  • このハルキ文庫版は光文社文庫版の『戻り川心中』と『夕萩心中』に収録された花葬シリーズ8作を一冊に納めた完全版。光文社版『戻り川心中』にはない三作品全てレベルが高いので、絶版で入手しにくいかもしれないがこのハルキ版を読むことを強くお勧めしたい。光文社版を二冊読むでもいいかもしれないが、ハルキ文庫版の掲載順の通り発表順で読む方が良いと思う。個人的には白蓮の寺と花緋文字が好き。

  • わざとらしくない、比喩を混ぜたうまい描写。その正体を探る。

  • 花をモチーフにしたミステリー短編集。

    真相かと思わせてからもう一転して世界が変わるのが、すごく印象的でした。

  •  花と女とミステリがテーマの短篇集。ネトラレどころじゃないどろどろした人間関係が描かれてるけど、ミステリ部分がすごく丁寧なので、女の心理を考えていけば謎も解けるようになってる面白さもあり。えろーいえろーい。

     作者さん自身は「恋愛とミステリの結合はうまくいかなかった」とか反省してるらしいけど、これでうまくいってないとかマジか。

     どれも切なーい苦ーい終わり方。唯一のハッピーエンドっぽい「桐の柩」も、そこに辿り着くまでに3人死んでるし……。

  • どの短編も完成度が非常に高い。結の部分でのひっくり返し・浮かび上がる真相が、どれもなかなか予想がつかず驚かされる。
    特に好きなのは「戻り川心中」のなんともいえない感じ、「花緋文字」のどうしようもなさ、「桔梗の宿」の純粋すぎる結末。情愛ですね。

  • 1998.5.18 1刷 ¥838
    「桂川情死」「菖蒲心中」という、二つの心中未遂事件で、二人の女を死に追いやり、自らはその事件を歌に詠みあげて自害した大正の天才歌人・苑田岳葉。しかし心中事件と作品の間には、ある謎が秘められていた――。日本推理作家協会賞受賞の表題作をはじめ、花に託して、美しくも哀しい男女のはかない悲劇を詩情豊かに描き切る「花葬シリーズ」八篇を完全収録した傑作ミステリー群。(解説・巽昌章)
    藤の香・菊の塵・桔梗の宿・桐の柩・白蓮の寺・戻り川心中・花緋文字・夕萩心中

  • 収録されている短編の『菊の塵』が絶品。
    どれも悲しくて美しい物語で、一語一語、大切に読み進めたい作品集です。

  • 読後、茫然自失。情念に搦め取られ、翻弄され、勾(かどわ)かされる。

    人間が隠し持つ妄執を花の姿に託して描いた8短編の連作。

    連作名「花葬」著者・連城三紀彦氏は、この連作を「薄幸」と呼び、その理由を次のように述べている。
    「『花葬』の最初の狙いはミステリーと恋愛との結合だったのですが、書き進めるうちにどんどん二つが分離していき、八作目に至って遂に、その溝は作者の乏しい才能と意志では埋められなくなってしまったものです。」

    情緒纏綿たる世界。明治大正文学の匂いが漂う。暗く閉鎖的な時間の中での男女の恋愛、時には命を賭けた道行きに、読者は引きずり込まれる。自己陶酔するように、勝手に古風な愛憎劇を頭の中に構築するはずである。

    しかし、読者が認知するのは、錯覚の世界なのである。そのような愛憎劇は真実でありながらも、事件の核心ではない。事件の全貌が明かされたとき、強烈な衝撃を受けることになる。そして、一瞬のうちに登場人物らは別の顔を浮かび上がらせる。驚嘆させられることは間違いない。純愛に胸掻き毟られ、同情し感傷的になった読者を、一気に別の場所に落とし込む。この一種裏切り行為ともいえる仕打ちによってみせられる真実の場所もまた、人間の業の世界なのである。

    私たちは、現実社会においても、無意識のうちに真実から目を逸らしていないだろうか。都合の悪いもの、見たくない知りたくないものに目を瞑りつづけるうちに、はじめから存在しないものにしてしまっていないか。

    現実は虚構の世界。真実は他にあるかもしれない。
    「戻り川心中」は、1981年 第34回 日本推理作家協会賞 短編賞 受賞。

  • 花を主題にした連作ミステリー。
    どれもこれも意外な結末と余韻の残る文章の美しさが魅力。
    短編だとあなどることなかれ。
    ぐいぐいと引き込まれること間違いなしです。
    桔梗の宿、戻り川心中が特に好きです。

  • 短編ミステリの世界遺産に指定したい表題作を筆頭にした花葬シリーズ収録。大正ロマン薫る舞台設定。ノスタルジックな世界でどんでん返しが待ってます。

  • 連城三紀彦の「花葬」シリーズ。しっとりとした恋愛と衝撃的な犯罪の融合……。面白いです。

全17件中 1 - 17件を表示

戻り川心中 (ハルキ文庫―連城三紀彦傑作推理コレクション)に関連する談話室の質問

戻り川心中 (ハルキ文庫―連城三紀彦傑作推理コレクション)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

戻り川心中 (ハルキ文庫―連城三紀彦傑作推理コレクション)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

戻り川心中 (ハルキ文庫―連城三紀彦傑作推理コレクション)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

戻り川心中 (ハルキ文庫―連城三紀彦傑作推理コレクション)を本棚に「積読」で登録しているひと

戻り川心中 (ハルキ文庫―連城三紀彦傑作推理コレクション)はこんな本です

戻り川心中 (ハルキ文庫―連城三紀彦傑作推理コレクション)のコミック

戻り川心中 (ハルキ文庫―連城三紀彦傑作推理コレクション)の文庫

戻り川心中 (ハルキ文庫―連城三紀彦傑作推理コレクション)の単行本

ツイートする