火神(アグニ)を盗め (ハルキ文庫)

  • 52人登録
  • 3.67評価
    • (5)
    • (3)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 山田正紀
  • 角川春樹事務所 (1999年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894565357

火神(アグニ)を盗め (ハルキ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ガンマンの資質は撃つ決断力。

  • 漆原は昔ながらの企業の家族温情主義を否定していたけど、無駄な役職を作って無能な人間を雇っていたのにはちょっと引っ掛かった。

    オチが好みだったので★4

    もう少しボリュームがあってもよかったんじゃないかな。
    話の大きさの割にすぐ読めてしまった。

  • 人物描写が平坦で、主人公たちのモチベーションも弱く、あまりのめり込めなかったが、最後の襲撃シーンの着想には脱帽。もっとボリュームがあったほうが物語に厚みが増したのでは。

  • 読み終わったのは大昔。それから何度も読んで、何度も人に貸し出してる。だいたい人を選んで貸し出しているからか、外れと言われたことがない。いやむしろ大傑作だと思う。
    リーマンなめるな。というところがカタルシスですね。

  • 途中に何度か落語がストーリーで役割を担っていますが....
    読み終わってみればストーリー全体が落語(笑)! みたいな
    ハチャメチャな大活劇。
    若さに任せてノリと勢いとアイディアで突っ走って書ききった
    かのような...ギャク・アクション。

    ここまで馬鹿馬鹿しいとスカッとしますねー。最後は
    ドヤ顔で決める駄洒落だし。

    裏表紙のあらすじ紹介文が、「緻密な構成と迫真の
    ディテールで描く超冒険小説。」....なんて手の込んだ
    前振りやねん(笑)。

全5件中 1 - 5件を表示

山田正紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
米澤 穂信
三浦 しをん
高野 和明
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

火神(アグニ)を盗め (ハルキ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

火神(アグニ)を盗め (ハルキ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

火神(アグニ)を盗め (ハルキ文庫)の作品紹介

古代、インド=ヨーロッパ人が崇拝していた神にちなんで名づけられた、最新鋭の原子力発電所-火神「アグニ」。日本の商社からセールス・エンジニアとしてインドへ出張していた工藤篤は、偶然「アグニ」のある秘密を知ってしまう。ヒマラヤ山中の鉄壁の要塞に隠された「アグニ」の秘密をめぐる、CIA、中国情報員との壮絶なる死闘に巻き込まれて行く彼の運命は果たして…。緻密な構成と迫真のディテールで描く超冒険小説。

火神(アグニ)を盗め (ハルキ文庫)はこんな本です

火神(アグニ)を盗め (ハルキ文庫)の文庫

火神(アグニ)を盗め (ハルキ文庫)のKindle版

火神(アグニ)を盗め (ハルキ文庫)の単行本

ツイートする