三国志〈4の巻〉列肆の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)

  • 1165人登録
  • 3.91評価
    • (144)
    • (139)
    • (178)
    • (3)
    • (1)
  • 70レビュー
著者 : 北方謙三
  • 角川春樹事務所 (2001年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894568877

三国志〈4の巻〉列肆の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 次々に現れ消えていく主人公達。呂布に続き、孫策も行ってしまった。孫策は好青年であり、無鉄砲なところもあるが、周瑜との友情など、好きなキャラクターだったのですが。
    それにしてもスケールが大きい話ですね。戦闘場面一つにしても距離感が日本の話と全然違うし、人数もすごい。重厚長大な・策を好む袁紹と、軽快でかつ豪快な曹操の戦い。見事に表現されていると思いました

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    烈風の中、敢然と中原に立つ曹操。河北四州を制し、名門の誇りを賭ける袁紹。両雄の野望が炸裂するとき、黄河が朱に染まる。天は、いずれに秋(とき)を与えるのか。男たちが人の道をも踏み越え覇道をめざす北方三国志、第4巻。

    【キーワード】
    文庫・シリーズ・中国・時代小説


    ++++1

  • なんかひたすら速読してすぐに内容を忘れてゆく。。。
    袁紹の最後はあっけなかった。負けっぷりも小物感が強く、王道から一歩も逸脱できない男という感じ。袁紹の部下たちで曹操軍に降ったやつらはなぜか結構好きだ。理由はわからない。

  • 【覚書】
    劉備の反旗。官渡の戦い。

  • 再読。

    あぁ、爽やか青春パートが終わってしまった。。

    曹、孫、劉の中では曹操贔屓。
    この巻での曹操は45歳、成し遂げてることの大きいこと。

    まだまだ続く赤兎馬のエピソードにはやはりグッとくる。

    ささ、次巻へ。

  • 曹操の色々な意味での強さが際立つ件。運を掴む決断力とチャンスをものにする闘争力(敗けるときもあるが
    劉備は慕われているのはわかるがまだリアリティがないなw のちに描かれるのかな。諸葛亮はまだちょい先か。
    揚州の動きも気になってきたね。

  • 張飛の従者 王安。
    必死に耐え抜き 張飛の教えを請う。
    殴られても けなされても 気を失っても
    必死に 張飛に 食らいつく。
    このような青年が いなくなってしまったね。

    劉備は 帝から 慕われるが、
    董承の はかりごとに かかわらなかった。
    このような危険を 予知する なにかをもっている。
    そして、曹操のもとから、うまく独立したが、
    相変わらず、曹操の電光石火の戦いに敗れる。

    志を実現する とき(秋)は、なかなかやってこない。

    孫策は 海辺で出会った オンナに 
    心を奪われる。
    志の 遠くにあることにたいする いらだちのようなもの。
    そして、簡単に 命を落としてしまう。
    25歳と言う 若さで。
    その意志を 孫権が 受け継ぐ。
    なぜか、孫策が 三国志から 立去るのが 残念だ。
    それでも、意志は 受け継がれていく。

    小柄な曹操が 袁紹に 二度も 戦って 勝つ。
    十面里伏。
    思い切った 戦術で 勝利をもぎ取る。
    そして、袁紹は 病に倒れる。

  • まだ折り返しまでいってないのかな。

  • 序盤の許都での劉備と曹操の腹の探り合いが緊張感があって面白い。
    ただ前半のクライマックスでもある官渡の戦いについてもうすこし描写が欲しかったかも。この頃の曹操は本当につらい状況だったはず。郭嘉の出番がない。

  • 官渡の戦いまで。孫策が志半ばにしてあっけなく亡くなるのは、分かっていても何だか寂しいよね。孫権じゃなく孫策が蜀軍を指揮していっていたら何か変わっていたのかな。曹操がどんどん強大になっていくのに、劉備が全然。こんなもんだったのかな。

全70件中 1 - 10件を表示

北方謙三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

三国志〈4の巻〉列肆の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)に関連するまとめ

三国志〈4の巻〉列肆の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

三国志〈4の巻〉列肆の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

三国志〈4の巻〉列肆の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)の作品紹介

宿敵・呂布を倒した曹操は、中原での勢力を揺るぎないものとした。兵力を拡大した曹操に、河北四州を統一した袁紹の三十万の軍と決戦の時が迫る。だが、朝廷内での造反、さらには帝の信頼厚い劉備の存在が、曹操を悩ます。袁術軍の北上に乗じ、ついに曹操に反旗を翻す劉備。父の仇敵黄祖を討つべく、江夏を攻める孫策と周瑜。あらゆる謀略を巡らせ、圧倒的な兵力で曹操を追いつめる袁紹。戦国の両雄が激突する官渡の戦いを描く、北方「三国志」待望の第四巻。

三国志〈4の巻〉列肆の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)はこんな本です

三国志〈4の巻〉列肆の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)の単行本

ツイートする