三国志〈9の巻〉軍市の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)

  • 994人登録
  • 3.94評価
    • (121)
    • (121)
    • (137)
    • (3)
    • (0)
  • 51レビュー
著者 : 北方謙三
  • 角川春樹事務所 (2002年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894569546

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

三国志〈9の巻〉軍市の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    冬、滅びの季節。原野に降る雪が心を白く染める。男たちの胸に宿る夢よ、消えるなかれ。英雄の血を吸う大地は、どこまで残酷なのか。再起せよ、わが闘魂。北方三国志、震撼の第9巻。

    【キーワード】
    文庫・シリーズ・中国・時代小説


    ++++1

  • 死に様は、生き方。

  • 再読。

    あぁ、関羽。
    これだから孫権は好きになれない。
    周瑜亡き後の呉は面白みにかける。

    乱世を切り抜けた男達に落日感が溢れててきた。
    曹操と夏侯惇がさしで酒を酌み交わすシーンにしみじみ。

    ささ、次巻へ。

  • 全13巻の7~9。クライマックスの一つである赤壁の戦いから、周瑜の死、そして天下三分への収斂。この3冊の主役は周瑜。英傑の名に、ふさわしい。この後は、劉備 vs 曹操の直接対決!

  • 馬超の 超人的な活躍。
    それは、一体何のためなのか?
    馬超さえ 理解できない。
    父親を始めとして 一族が 曹操に殺される。
    その復讐の念と 率いる者たちのギャップ。
    そのジレンマのなかに 馬超はいる。

    張飛が 馬超に対して 簡雍が 対応するといい
    という 示唆が 張飛のすばらしさであろう。
    そして 簡雍は 馬超を 劉備の部下にするのだった。
    この話は 中国人のもつ 不思議な関係を 
    実によくあらわしている。

    関羽に関して言えば モノローグが あまりない。
    バランスがとれすぎているが、
    妻にも恵まれず、部下を育てることもできない。
    実に 誠実で はっきりしているが、
    どうも、人を 正確に見ることができない。
    ただ 息子との関係では 父親とはなにかを
    あきらかに 情として示す。

    それにしても、孫権。
    天下をめざさずして 同盟を破棄して
    こそくなる手段で 関羽を 罠にはめる。
    それが 曹操の息子 曹丕の 陰謀である。
    関羽は 簡雍の子供と 一緒に 討ち死にする。
    子供の頃に読んだ シーンで 関羽の死ぬ 場面だけが
    記憶に残っていた。

  • 蜀軍が魏を劉備、張飛の漢中、関羽の荊州からの両面攻撃中、同盟呉の孫権の裏切から関羽が殺される。うむ〜面白い。

  • Vita版もバッチが出て改善はされているのか。

  • 関羽ほどの男をこんな汚い謀略で死なせて良いのか。という曹操の葛藤、
    軽蔑すべきものを汝の敵とするな
    汝の敵は尊敬すべきものを選べ。。だっけ?
    ニーチェの言葉。。。
    曹操と劉備の関係って本当にこれだなって感じる。だからこそ、1000年たっても色褪せない物語として語り継がれるのかもしれないなぁ。なんて思ったり。。。

  • やっぱ僕はミーハーで、だから蜀が好きだし、孔明が好きだし、そしてもちろん関羽も好き。
    それぞれが大活躍する様が生き生きと描かれていて、時間を忘れてページをめくることができる。
    ラストシーンは悲しいけれど、北方ハードボイルドの真骨頂って感じがする。

  • 劉備の益州奪取後から、劉備と曹操の漢中での激突、関羽の死までが描かれている。やはり衝撃だったのは、騙し打ちにされ敗走していく関羽の姿だった。この一連の下りを読んで、孫権のことを一時期キライになった(笑)爰京が曹操の身体に鍼を打っていく描写は好き。凝り固まった個所がほぐされていく様子を想像して「鍼は気持いいのかな」といつも思う。

  • 馬超合流、劉備益州制圧、赤兎死す、漢中争奪、漢中王、呂蒙から陸遜へ、呉軍の荊州侵攻、関羽・・・

  • 関羽が死んだ。しかも騙し討ち。好きなキャラだけに残念だが、関羽の「関羽雲長帰還できず」の台詞にはしびれた。かっこいい。男の死に様。漢中攻略と魏侵攻までが蜀の絶頂期かな。夢が散る様は美しいような、悲しいような。

  • もっと呉の話もしてほしいな。あと関羽死亡。

  • 関羽が亡くなってしまった。
    ここから先は死んでいく人ばかりなので、寂しいなぁと読んでいて思う。

  • 関羽ーーー。
    わかっているけど、もしかしたら死なないんではないかと・・・。
    英傑が・・・。
    やはり龐統の死が痛かった。

  • あらら・・
    またひとり、この乱世を担ってきた英雄がいなくなりました。

    確かに関羽はこんな裏切りなんかで死ぬにはふさわしくない。
    でもそれが乱世なんだねぇ。

    最後まで劉備のもとへ帰ろうとした関羽
    無謀と言ってしまえばそれまでだけど、かっこよかった。


    関羽の死によって三国はまた均衡の年月へ?

  • 劉備が最も飛躍し輝いた時期。漢中争奪戦は孔明の策が面白いように嵌り各武将も持ち味を十二分に発揮する。兵力では圧倒的に有利な曹操までも打ち払う。これまでの溜飲が一気に下がる。実に気分の良い胸のすく一冊。他方、戦のさなか孔明が不安を抑えきれず取り乱し劉備の大度に救われるという場面がある。鬼神のごとき孔明には似気無い人間的弱さを表白しており、新鮮な驚きをもって読んだ。

  • 関羽の巻。とはいうものの、北方三国志では、どちらかというと張飛の印象が強く描かれていて、関羽に焦点があたる頻度としては少なめ。
    それが、より関羽の寂しさを表しているような気がします。

    先を見ず、ただ自分の思う領土の所有にだけ拘って、裏切った孫権の小ささが読んでて虚しい。

  • この巻の最後に関羽の死
    綺麗に終わっている。
    死なすために花を愛でさせたんや。
    きっとそうなんや。

  • 曹操が魏王となり、定軍山の戦い後、劉備は漢中王を名乗る。
    関羽の最期が花を思い出すシーンで印象的。

  • 読み終わったあと涙がしばらく止まらなかったです。

  • 関羽が死んだ・・・
    死に際行動に関羽の『徳』を感じた。敵である武将でさえも死に様を考えさせる所は人としての大きさを感じた。また、自軍の兵に少ない兵糧を分け与えて逃がす所は、一兵卒に対して思いやれる懐の深さがあるというか・・・人として憧れるなぁ。
    とにかく惜しい人物を無くしたなぁと思った。
    関羽は元々好きだったけど惚れ直した!

  • さて、荊州で孤軍奮闘していた関羽がとうとう討ち死に。部下に恵まれなかったことが敗因にあったのかもしれない。裏切者の孟達は吉川英治三国志などでは唐突に登場するが、本作品においては、かなり前から関羽からよく思われていないという伏線を張っていた。なかなか絶妙な作り方である。裏表紙に記載されている、「関羽は劉備の北征を援護すべく、荊州の大地にその名を刻む」という表現もまた北方氏らしい。今後は、張飛に鍛えてもらっている実子の関興が活躍していくだろう。

    面白かったのが、張衛と馬超の微妙な人間関係。今までは馬超が一枚も二枚も上手だったが、五斗米道軍を諦め漢中を捨てて山籠りしだした張衛が巻き返しを計ってきた。張魯の弟として五斗米道軍を率いていた頃に比べ、何かふっきれた感がある。張衛は吉川英治作品ではほとんど登場してこないのだが、北方作品では頻繁に一人称の項があり主役級。なぜ張衛にここまでスポットを当てたのかは未だ不明。あとあと分かってくるのだろうか。

    また、曹操が後継者の曹丕に忠告した言葉「お前が使いこなせればだ。曹家がいつの間にか司馬家に代わっていた、そうならないように心せよ。」は結末が分かっているだけにニヤリとしてしまった。三国志後の歴史を知る者ならばその予感が的中したことは周知の事実であり、後付けのように曹操の洞察力を高めるのは「ちょっとズルいぞ」という感じである。(笑)

  • いつの間にか張衛を好きになっている自分に気づく。なによりこの巻は関羽の死が衝撃的。「関羽雲長帰還できず。」関羽の潔さであり無念さが伝わってくるような気がする。

  • 曹操くんは多分、自分で思ってるほど格好良い人間ではない。
    そういう等身大の小ささがかわいい。
    ただし二次元に限る。

全51件中 1 - 25件を表示

三国志〈9の巻〉軍市の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)に関連するまとめ

三国志〈9の巻〉軍市の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

三国志〈9の巻〉軍市の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

三国志〈9の巻〉軍市の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

三国志〈9の巻〉軍市の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)はこんな本です

三国志〈9の巻〉軍市の星 (ハルキ文庫―時代小説文庫)の単行本

ツイートする