ひとおもいに夏子 (ハルキ・ホラー文庫)

  • 34人登録
  • 3.12評価
    • (2)
    • (1)
    • (11)
    • (3)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 新津きよみ
  • 角川春樹事務所 (2002年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894569904

ひとおもいに夏子 (ハルキ・ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

  • まさかの展開。 霊的なお話かと思えば犯人ちゃんと居てるし、でも、ラストは霊でさ迷ってるしどっちやねん。 頭の中での呼び掛けは?憑いてる子供の霊は?

  • ■ 13147.
    <読破期間>
    2013/11/22~2013/11/23

  • ホラーサスペンスは私はあんまり好きじゃないのかも・・って思いながら読みました。というか、これはホラー?そこが疑問かなぁ?なんだろ。
    新津さんのまだ初期の頃の作品だからか?ピンとこない作品でした。読み終わってなんだかスッキリしない感じ。

    私は新津さんの主婦ネタの方が好きだったりします。自分が単純に主婦だから親近感湧くのかなぁ?

  • ドッペルゲンガーホラーかと思いきや、意外に現実感あふれるサスペンス。ラストにはちょっと拍子抜けしたものの、「もう一人の私」についての解釈は至って合理的。……だけどやっぱり「ホラー」じゃないって!

全4件中 1 - 4件を表示

ひとおもいに夏子 (ハルキ・ホラー文庫)はこんな本です

ツイートする