少女複数形 (セラフィンコミックス)

  • 11人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 高岡基文
  • ¥ 1,080
  • ヒット出版社 (2013年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784894656109

少女複数形 (セラフィンコミックス)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

少女複数形 (セラフィンコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

少女複数形 (セラフィンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

少女複数形 (セラフィンコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

少女複数形 (セラフィンコミックス)はこんなマンガです

君と時計と嘘の塔 第一幕 (講談社タイガ)

綾崎 隼

読了後すぐに続きが読みたくなる、新しいタイムリープミステリー。

タイムリープをテーマにした作品は様々ありますが、この作品では、タイムリープするたびに大切な人が消えていきます。それも、存在していたという痕跡すら残さず。とても残酷な条件です。
物語は、このタイムリープというSF要素と、解決策を模索し、大切な人を救うべく奔走する主人公たちの青春要素が合わさった、青春ミステリーです。
前半、小学生時代についた些細な嘘によって心に残った消えない傷や、母親との些細な口喧嘩といった、主人公の幼ない言動が印象に残りますが、タイムリープを目の当たりにした直後から、一気に様子が変わります。また、協力者となる先輩や、自分もタイムリープしていると言う同級生など、新たな登場人物もあり、彼らと今後どのように関わっていくのかも気になるところです。
優しくて美しいミステリーを紡ぐ、綾崎さんの新シリーズ、読了後すぐに続きが読みたくなる一冊です。

本の詳細&レビューを読む

ツイートする