リファクタリング―プログラムの体質改善テクニック (Object Technology Series)

  • 945人登録
  • 3.99評価
    • (97)
    • (64)
    • (98)
    • (1)
    • (0)
  • 42レビュー
制作 : Martin Fowler  児玉 公信  平澤 章  友野 晶夫  梅沢 真史 
  • ピアソンエデュケーション (2000年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (423ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894712287

リファクタリング―プログラムの体質改善テクニック (Object Technology Series)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 再読完了。
    昔読んだはずだが、改めて読んでみるといろいろ発見があり、考えさせられる。辞書的に使うのはもちろんだが、どこになにが書いてあるか、どういう匂いがしたらどのような対処をするかを何度も読み返して身につけたい。

  • 図書館で借りた。こういう考え方大事

  • 変数やメソッドをクラスにまとめたり、分解・再結合を繰り返しながら、処理を仕様や要求に昇華・本質を凝固させ、関心事の粒度をそろえたり、シンプルに表現するのがリファクタリングだ。

    安易な分析モデルで、むりやり分離・隠蔽されたデータや過剰なラッパー、的外れなデリゲートで目が回るコードが減るよう、作って直すではなく時期が来るまで作らない手段としてもリファクタリングをマスターしたい。

    データ<情報<知識<智恵<法則<心理 となっていくように、クラス、モジュール、システムを育てていけたらいいな。

  • 2008/01/14 読了 ★★★★
    2015/08/15 読了

  • 請求記号 007.64/F 42

  • 言わずと知れたMartin Fowlerの名著。JavaやC#の開発者なら当書籍を。Ruby開発者の場合はリファクタリング:Rubyエディションを推奨。オブジェクト指向言語による開発をしているなら必読。

  • 実践的で読みやすい。いろんな技を教えてくれる。
    個人的にはプログラミングは文章を書くのと似ていて
    基本的には文章力と同じと思っているけれど、
    一歩先にいくにはこういう技を覚えていくことが大事かなと思った。
    読み終わったあと自分のプログラム書き直したくなって
    こっそりファクタリングしてみたりした。。

  • オブジェクト指向プログラミングの何がいいのか実感を持っていない人は読むと良い。例えば、ポリモーフィズムの何がいいのか書かれてある。
    ある程度経験のあるプログラマにとっては、自分のやってきたことがある程度正しかったことを確認できる。

  • 取り敢えず3章まで読んだ

  • ・序盤でリファクタリングの重要性を認識させられる
    ・心掛けるべきコーディングを学べて
    ・プログラマ必読の一冊かも

    オブジェクト指向についても改めて考えさせられた!

全42件中 1 - 10件を表示

マーチン・ファウラーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
Joel Spo...
有効な右矢印 無効な右矢印

リファクタリング―プログラムの体質改善テクニック (Object Technology Series)に関連するまとめ

リファクタリング―プログラムの体質改善テクニック (Object Technology Series)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

リファクタリング―プログラムの体質改善テクニック (Object Technology Series)を本棚に「積読」で登録しているひと

リファクタリング―プログラムの体質改善テクニック (Object Technology Series)の作品紹介

この本はリファクタリングのガイドブックです。系統だった効果的なリファクタリング手法を説明しています。コード中にバグを加えずに、ソフトウェアの構造を体系的に改善できます。

ツイートする