UNIXネットワークプログラミング〈Vol.2〉IPC:プロセス間通信

  • 109人登録
  • 3.46評価
    • (4)
    • (4)
    • (18)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : W.Richard Stevens  篠田 陽一 
  • ピアソンエデュケーション (2000年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894712577

UNIXネットワークプログラミング〈Vol.2〉IPC:プロセス間通信の感想・レビュー・書評

全4件中 1 - 4件を表示

UNIXネットワークプログラミング〈Vol.2〉IPC:プロセス間通信を本棚に登録しているひと

UNIXネットワークプログラミング〈Vol.2〉IPC:プロセス間通信の作品紹介

ネットワークプログラミングのバイブル8年振りの待望の改訂版!!第1版の内容を大幅に拡充・充実させた分冊構成の第2弾。『UNIXネットワークプログラミング第2版Vol.1』の続編で、メッセージパッシング、同期、共有メモリ、手続き呼び出しの4種類のプロセス間通信(IPC)を詳細に解説した、プログラマ必読の書である。

UNIXネットワークプログラミング〈Vol.2〉IPC:プロセス間通信はこんな本です

UNIXネットワークプログラミング〈Vol.2〉IPC:プロセス間通信のペーパーバック

UNIXネットワークプログラミング〈Vol.2〉IPC:プロセス間通信のハードカバー

ツイートする