XPエクストリーム・プログラミング実践記―開発現場からのレポート (The XP Series)

  • 40人登録
  • 3.44評価
    • (1)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : James Newkirk  Robert C. Martin  比嘉 康雄  高嶋 優子  平鍋 健児 
  • ピアソンエデュケーション (2001年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894714694

XPエクストリーム・プログラミング実践記―開発現場からのレポート (The XP Series)の感想・レビュー・書評

  • カタカナ語が多いので読みにくいかもしれない。

    日本語に翻訳しながら読むと、内容がよく分かる。
    イテレーションは、繰り返し。
    最初のイテレーションプランは、初回計画。
    ストーリーは筋書き。
    リリースプランは出荷計画。

    日本語に直すと、文章が短くなって、内容が浮き出てくる。
    JAVAの実例があるので、プログラムだけを追っかけるのもよいかもしれない。

  • これも10年物の積読本。
    著者は『アジャイルソフトウェア開発の奥義』http://booklog.jp/asin/4797347783 のロバート・C・マーチンさん、訳者はSeasarのひがさん。

    XPの最初のイテレーション3週間の実況。サンプルはJavaのWebアプリ。実際のコードがたくさんなので曖昧さがなくサクッと理解できる。

    Webアプリの例なので今の仕事に近くて参考になった。
    が、積読していた初期のアジャイル本ばかり読んでいるので、そろそろ最新のも読んでキャッチアップしようかなと。

全2件中 1 - 2件を表示

XPエクストリーム・プログラミング実践記―開発現場からのレポート (The XP Series)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

XPエクストリーム・プログラミング実践記―開発現場からのレポート (The XP Series)の作品紹介

本書は、XP(Extreme Programming)のプロセスを使用して開発された、Webベースソフトウェアプロジェクトのケーススタディである。このプロジェクトは実際に行われたものであり、本物の顧客が出した要求をもとに進められた。本書で提示される生産物はすべて本物だ。コードも本物、ユーザストーリーも本物、逸話も現実のものである。

XPエクストリーム・プログラミング実践記―開発現場からのレポート (The XP Series)はこんな本です

ツイートする