新訂版 More Effective C++ (AddisonーWesley professional co)

  • 135人登録
  • 3.90評価
    • (11)
    • (6)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 安村 通晃  伊賀 聡一郎  飯田 朱美  永田 周一 
  • ピアソンエデュケーション (2007年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894714762

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェラルド・ジェ...
濱野 純(Jun...
David Fl...
ブライアン カー...
有効な右矢印 無効な右矢印

新訂版 More Effective C++ (AddisonーWesley professional co)の感想・レビュー・書評

  • C++必読書の一つ。

  • 「Effective C++」の次に読むべき本で、さらに1歩踏み込んだ高度なTips集である。
    この本の内容をすべて理解できれば、C++についてかなり深く理解できていることだろう。

  • 譯がイマイチで、内容が分かりにくいのが缺點

  • C++プログラマーにもかかわらず、以下の内容が説明できない人に本書の熟読を勧めます。
    ・オブジェクトの配列をポリモーフィズム的に使う問題点
    ・前置、後置インクリメント演算子のどちらを使用しても良いときは、前置を使うべき理由
    ・&&や||をオーバーロードしたときの問題点
    ・operator newとnew演算子の違い
    ・例外発生時のメモリ・リークを防ぐ有効手段
    ・例外は参照でcatchすべき。copyやポインタでcatchしたときの問題点
    ・テンポラリオブジェクトと、戻り値最適化
    ・オブジェクトa, bに対して、a = a + bよりも、a += b
    ・継承したclassとそのスーパーclassとの間の、コピーコンストラクタ、operator=の問題点
    ・プロキシーclassと活用方法とその問題点
    ・複数オブジェクトに関するメソッドのオーバーライド(ダブルディスパッチ)問題と解決策
     上記リストを読んで、「こんなのあまり使わないから分からないけど問題ない」と思っている方へ。そう考えるから、あなたはいつまで経っても三流プログラマーなのです。神は細部に宿り、一流は細部にこだわります。また、上記問題の解決策は、あなたに新たな観点を与え、思考のレベルを上げてくれます。本書は、effective c++ほど実践的ではありませんが、そういう意味で間違いなく良書なのです。

  • 以下のことが理解出来ていないなら読むと良い
    ・explicitなしのコンストラクタやユーザ定義のキャスト演算子で起こる暗黙の型変換の問題点
    ・&&、 ||、および コンマ 演算子をオーバーロードする問題点
    ・new演算子とoperator newの違い
    ・RAIIイディオム
    ・コンストラクタでのリソースリークの防ぎ方
    ・遅延評価、計算結果のキャッシュによるコストの償却
    ・一時オブジェクトの生成タイミング
    ・戻り値最適化
    ・仮想関数、多重継承、仮想基底クラス、実行時型識別のコスト

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする