C++ Coding Standards―101のルール、ガイドライン、ベストプラクティス (C++ in‐depth series)

  • 211人登録
  • 3.86評価
    • (16)
    • (18)
    • (24)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 浜田 光之  Herb Sutter  Andrei Alexandrescu  浜田 真理 
  • ピアソンエデュケーション (2005年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894716865

C++ Coding Standards―101のルール、ガイドライン、ベストプラクティス (C++ in‐depth series)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 良いC++のコードを書くためのガイドライン。ここに書いてある内容は既にこれまでの時の試練に耐えたもの。リファレンスを引きつつ、簡潔にまとめてあるのがポイント。

    説明自体はそれほど詳細ではないので、用語がわからないところなどもあったが、それは自分の知識が足りないのだろう。きちんと理解するには他の本をあたればよい。この本は、実装に一段落ついた時にでも読み返して、ひとりよがりのコードを書いていないかどうかをチェックをするためにこそ有用と思われる。

  • 「些細なことにこだわるな」というのがいいですね。

  • 勉強会に使う本。かなりTips的な部分もあれば設計の部分とかは結構論理的だったりして、言語基礎勉強して、オブジェクト指向勉強して、その後読むのがいいんではなかろうか。

  • アレクセイ・アレクサンドレスクも著者の一人であるため、非常に難解であるが、C++コーディング&開発ルールのプラクティスとしては精査されており、すばらしい。実際の仕事でも役に立っている。ただ、なぜそのプラクティスが必要かという問いに、完全には答えていないのが残念。

  • -

    ADLや関数の呼び出しの解決の優先度など、結構な前提知識を要求される項目もいくつかあるが、C++で開発するなら一度は読んでおくべきかと。ただ、自分の知識が不足しているためか、いくつかのルールの根拠が明確でないと感じた。要再読。

全6件中 1 - 6件を表示

ハーブ・サッターの作品

C++ Coding Standards―101のルール、ガイドライン、ベストプラクティス (C++ in‐depth series)を本棚に登録しているひと

C++ Coding Standards―101のルール、ガイドライン、ベストプラクティス (C++ in‐depth series)を本棚に「積読」で登録しているひと

C++ Coding Standards―101のルール、ガイドライン、ベストプラクティス (C++ in‐depth series)はこんな本です

ツイートする