「女ことば」はつくられる (未発選書 第13巻)

  • 19人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 中村桃子
  • ひつじ書房 (2007年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784894763524

「女ことば」はつくられる (未発選書 第13巻)の感想・レビュー・書評

  • 言語学の中村桃子さんの仕事。女ことばというものは、もともとあるわけじゃない。女性に本質的にある優しさその他によって女性のことばがある、というのなら、女の子は放っておいても大人になれば女ことばを話すはずなのに、実際には躾があるのはなぜか(^^;)。「「最近」は女性のことばが乱れていてけしからん」という世間の嘆きは源氏物語の昔からあるんだそうだ。結局、伝統的にあるのは女ことばではなく、女はこう話すべきだという「イデオロギー」なんだ、という話。そして明治期、占領期などの言説を丹念に探してそれを説明することが、日本の場合の「国語」が国家論的問題なのだ、ということを描き出していく。

全2件中 1 - 2件を表示

「女ことば」はつくられる (未発選書 第13巻)を本棚に登録しているひと

「女ことば」はつくられる (未発選書 第13巻)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「女ことば」はつくられる (未発選書 第13巻)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「女ことば」はつくられる (未発選書 第13巻)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする