33歳ガン漂流ラスト・イグジット

  • 115人登録
  • 3.58評価
    • (20)
    • (10)
    • (54)
    • (1)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 奥山貴宏
  • 牧野出版 (2005年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784895000819

33歳ガン漂流ラスト・イグジットの感想・レビュー・書評

  • 最後のサ母の文章が良かった。
    小説ほんとうにギリギリにできていたんだなぁ。ヴァニポもまたいつか読んでみる。

  • 2005/1/1〜 お屠蘇 実質効率主義 ミドルヘビー級のシウバ ホテルの雰囲気にのぼせているだけなのだろうか 新井薬師に初詣 塚本晋也ヴィタール主題歌Cocco 貪るように読み耽りたい ブレード・ランナー 一世風靡みたいなスーツ 単なる田舎者のおぼこ嬢に変貌 汚れきった大人の世界にようこそ きょうたる京樽 荻窪ルミネのアフタヌーンティ 濱マイク ノマド的な生活 シェルター願望 図書館や予備校の自習室の方が勉強が捗る 憧れのカンヅメを疑似体験 タラの脚本が売れまくった 退路を断つ 俺が灰になった後 老醜 デジタル・ディバイド情報格差 綿矢りさ芥川賞 モスバーガー麹町店の店長に就任 退屈なヤツには退屈な文章しか書けない ロケンロール この蜜月みつげつは俺がモノを退社するまで続いた 小説ヴァニシング・ポイント メメント方式 手元に読むに値する面白い本が待ち構えてるってなんて幸福なんだと思うよ 朗読カセットブック パックンマックン ササニシキの無洗米派 抗ガン剤で性欲が無くなってから マッチング 「あすなろ白書」みたいなキモイ状態 精子一滴も出ないほど枯れきっている筈なのに、「ああまだ涙目は出るのか」という感興 サイボーグ母 シャーマンの秘薬 戒名かいみょう

  • オルタナティブ闘病記・完結編。

    著者が最期まで拘り続けたのは、文章を書くために1日でも長く生きるということ。命がけで刻んだ言葉の数々は、読者の記憶から消えることはないだろう。余命宣告を受ける以前から貪欲に生きてきた人間が、走るギアをひとつ上げたかのような疾走感が悲しみよりも清々しさを与える。

    ずっと手元に置いておき、読むたびにエネルギーを充電させてもらいたくなる三部作。

    本書発行の2005年当時は携帯電話に申し訳程度のカメラ機能がついていた時代。今やiPhoneに対抗し、次々と登場するスマートフォン、群雄割拠の様相を呈してきたタブレット商戦。ゲーム機は据置・携帯機ともに数段進化している。もし著者が存命であったなら、垂涎もののこれらのアイテムに触れ、果たしてどんなレビューを書くのだろう。
    それを読むことが叶わないのがただ残念。

  • 数年前に図書館で借りて読んだが、また読みたくなった。

  • 闘病記というより、戦記。戦闘中に哲学を語っても戦局は変わらない。最後までフィジカルに戦いぬくが、ぽろりとこぼれた言葉が切ない。お母さんの挨拶が爽やかで、何よりのはなむけと感じる。

  • 最終の本だけ読んだ。生きたかったろう。だけど、血のつながらないお母さんのコメントもいい

  • この本が出る日が来るって、わかってたけど、わかりたくなかった。

    ずっとリアルタイムで日記を読んでいたので、本当にショックでした。

  • 31歳、32歳に比べて明らかに薄い。終わりの見えてる話を読むのはつらい。
    何かを得たと思いたい。

  • 闘病生活に終止符。
    最後の最後まで仕事をする姿に感動。
    32歳〜と較べてシリアスな展開が多いです。
    検査とその結果。進行していく病状にコメントといった流れ。

    作者の小説「ヴァニシングポイント」を注文したのですが、
    受付のミスらしく発注撤回されてました。
    いつか買おうと今に至る。

  • タイトルであぁ、と思った
    90歳まで書いて欲しかった

  • これでラストなんだよなあ…

  • 実話ガン闘病完結編。
    奥山氏の言葉で印象深かったもので
    なんで俺はブログに書き続けるのか。
    書き続けることでガン闘病すら
    ひとつのブログのネタになりえて気楽になれる。
    的なことが書いてあって凄く覚えています。

  • このシリーズを読んでいて、けして涙を流す事はありませんでした。ありったけの”生”を大切に生きている奥山さんに悲壮感はなく、ちょっと斜に構えたすがたがステキでした。
    ただ、ラストのお母さんからのあとがきで号泣してしまいした・・・。

  • 備忘録;2006年6月29日読。
    最期は不思議と穏やかな文章が多かった。身体の状態は良くなかったと思うが、日常的なことが書かれている。
    家族、友人と沢山の人に大切にされていたのがわかる。「死ぬことよりも死ぬことによって忘れられる方が怖い」と書いていたが、決して忘れられることはないであろう存在感と力強さを持った方だった思う。

  • 暗闇でも使える「ライトペン」というのがあるというのと、物書きには類語辞典が必需品という記述を読んで私も欲しくなった。これまで、奥山氏の著書を3冊読んで泣くことはなかったけれど、本書の最後に掲載されている母親(サイボーグ母)の記述を読んだら涙が流れた。まさか著者と母親の血が繋がっていなくて、皮肉にも病気によって2人が心を通わせることになるなんて! 日記の最後で「死にたくないな」と著者が弱音、というか本音を吐いたのが印象深い。

  • 連続で読了。
    最後はわかっているんだけど、やっぱ辛い気持ちになった。
    ブログの最後の日の言葉が、僕の中に突き刺さります。

    三冊のうちのどこかで書いてあった「お涙頂戴の闘病記なんて吐き気」するって
    いのはよくわかる気がする。
    僕の場合、「お涙頂戴の闘病記に群がって商売をしてる奴等が居ると思うと
    吐き気がする」と言ったほうがいいかもしれないが。

    このシリーズは、何か教訓を垂れようとか、メッセージ性を持たそうとかいうことが
    ほとんどない。あくまで、作者の思ったことを書き綴っている。
    作者の生き方に対して、読み手がさまざまな解釈を加えてくれればそれでいい、
    という感じか。

    それは、ロックにとても似ている。
    素晴らしい音楽は、解釈の幅が驚くほど柔軟で、多様で、耐用期間が長いからだ。

    だから、この本は、最高にロックンロールだ。僕の中で。

  • 荻窪がよくでてくる。
    なんだかリアル

  • ヴァニシングポイントを超えた後とは言え、装丁がいままでと全く違ったものであることが不満です

  • 31歳、32歳と「普通の生活」を読まされてきただけに、「身近な」ひとりの人間がこの世から消え去った時の喪失感は大きかった。

  • 闘病中でも何かしら楽しみを見つけている奥山氏。淡々と綴られているので逆に悲しくなってきました。
    最後の父親母親の言葉にはなんともいえない哀しさが伝わってきました。
    奥山さん、ご冥福をお祈りします。

  • これから読みます。
    前作から察するに多分☆5つ。

  • 最初に出会ったのは某番組で。目の前にある死を見つめて生きた奥山さんの言葉は重くて、悲しくて、でもかっこ良い。

全26件中 1 - 25件を表示

33歳ガン漂流ラスト・イグジットを本棚に「読みたい」で登録しているひと

33歳ガン漂流ラスト・イグジットを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

33歳ガン漂流ラスト・イグジットを本棚に「積読」で登録しているひと

33歳ガン漂流ラスト・イグジットの作品紹介

余命宣告期限プラス2ヶ月。ガンと闘いながら、書くことに命を燃やし続けた男が逝った。『31歳ガン漂流』『32歳ガン漂流エヴォリューション』に続く、渾身の著作。

33歳ガン漂流ラスト・イグジットはこんな本です

33歳ガン漂流ラスト・イグジットの文庫

ツイートする