イナカノコ

  • 67人登録
  • 3.27評価
    • (2)
    • (12)
    • (27)
    • (2)
    • (1)
  • 22レビュー
著者 : おおたうに
  • 牧野出版 (2007年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784895001199

イナカノコの感想・レビュー・書評

  • 緊急速報が鳴り続ける中で読んだ。
    非常につまらなかった。
    こないだ読んだ山内マリコがよかったので余計に。比べるとうそっぽく感じた。

  • おおたうにって本も書いてるんだぁー
    と軽い気持ちで読んでみたら、意外に良かったです!

    表現がすこーしまわりくどいけど、なぜかすごく伝わってくる。胸がぎゅーってなる。
    特に佐和の草ちゃんに対する気持ちにはせつなくなった。(でも後半は草ちゃんに幻滅して、そんな草ちゃんに固執する佐和にもちょっと・・だったけど)

    説明的すぎずにさりげなく、でもその人のコアの部分をしっかりと、登場人物それぞれについて描いてて、そこも上手だと思った。
    あやは田舎に住んだことはないけど、息苦しさと心地よさがある場所なんだと思う。
    そんな田舎で、佐和も草ちゃんも海里も、たぶん八重も薫も摩耶もみんな
    近くにいるからこそ家族や親族との関係に悩んだり
    先の見えた将来に絶望したり
    過去のきらきらした思い出に焦がれたり
    自分とは違う何かを持った人に嫉妬したり
    時には自分を見ていない人を好きになってしまたたり
    いろんなことに苦しんで、でもなんとかバランスを保って生きているんだなぁ。

    わりと哀しいお話だったけど、なんかさわやかな印象。

  • おおたうにさんの小説に興味があり読んでみたー
    オンナノコの小説って印象。

    視点がどんどん変わっていくから、
    人物の把握ができていないとちょっと読みにくく感じるかも。

    人物の心がそれぞれの立場で切々とうたわれている。
    人は自分のことしか見ていないんだなぁと。
    その自意識にうっとくる箇所もあるけど、
    すごく共感する部分もあった。


    これを読む時、ひとはどんな田舎の風景を描けるのか。
    それが興味あります。

  • 切なくて好きな本。
    恋の話がメインと思いきや、
    それぞれにある家族との圧迫、家族との絆、自分の向かうべき姿…
    そんなことを思い起こさせてくれる本。

    このお話のメイン人物の中、
    まだ独り迷走しているかもしれない草ちゃんがどうなったのか気になります。
    すぐにじゃなくてもいい。
    数年後、数十年後…戻ってきて皆との絆を復活できますように。

    佐和に対する海里の言葉や接し方が優しすぎて泣ける。

  • 書き出しで、まず鳥肌が立った
    !!!
    中高の恋愛ってこんな感じだったなぁーって。

    どんな素敵な展開が待ってるのかと思い来や、ぐだぐだ。ちょっと残念だったけど、表現はすごくうまいと思いました)^o^(★

  • うにさんの初小説。手に取ってみました。

    最初は比喩?みたいなほわほわした感じが多くて話の流れとか内容がつかみにくいなぁ~。。。と思ったけど、じょじょに世界にひきこまれていきました。
    どこかで感じたときのような、なつかしいような、それでいて新鮮な文体がとても素敵でいいなと思いました。私はかなり好き。

    海里が弱い人たちにがんがん言いまくってるところが、読んでてスッキリした。し、自分にも言ってくれたかのような気がして、いい薬になった。海里みたいな人が必要だなぁ世の中には。ってすごい思った。
    ぐずぐずしてちゃーだめだと自分にカツを入れる事ができた。

    家では母や妹にえらっそうにしている癖に外では内にこもりがちな智に対して言った海里の言葉がすっきりした。

    気になった部分は非公開めもに。

  • 中学のときに読んだやつだけど
    何故かすごくすごく忘れられない。
    もう一度読みたいなぁ

  • 「チェリーコーク」の、おおたうにの初(?)小説。
    はじめは表現過剰なところが鼻について苛々したけど、読み進めるうちに不覚にも没頭…
    う、なんか、良かったかも。

    大衆受けはしないだろうけど、個人的に好きな作品でした。

  • 最初の30ページくらいまでは文章が稚拙と感じてしまい読むのにやや苦労。しかしページをめくるうちにそれが気にならず (書いてくうちに文の流れが自然になった)予想以上に面白くて一気に読めてしまった。表現がわざとらしいというか凝りすぎな点が多く、不自然でぎこちない一文もあったりして、すらすら読める、とは言いがたかった。語り手が多くそれが変わりすぎなのも一因だと思う。情景が目に浮かびにくい表現が多く感じた。上京したことがある人の胸に何かを残す作品。「東京に行けば…」という抱きがちな期待感がとても切なく描かれていて、なおかつ田舎に残された人・田舎を愛する地元民。その心理描写の上手さにキュンとくるものがある。言うなれば、暗闇の中で弱い光を放ち存在を伝える、蛍のような物語。

  • 大好きなおおたうにさんの初の小説。佐和の想いが切なくて、読んででとても切なくなりました。実写化するなら佐和は宮崎あおいちゃんにやってほしいなあ

  • うにっきを読む前だったら純粋に楽しめたかもしれん。海里はおおたさん?流れは好き。

  • <span style="color:#666666">
    <table style="width:75%;border:none;"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4895001199/yorimichikan-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/21mhvNJ%2B1kL.jpg" alt="イナカノコ" style="border:none;" /></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4895001199/yorimichikan-22" target="_blank">イナカノコ</a><br />(2007/02)<br />おおた うに<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4895001199/yorimichikan-22/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る</a></td></tr></table>
    <blockquote><p><strong>短大生・佐和の住む田舎町に、いとこの海里が帰ってきた。美しくも獰猛な性格の彼女の帰郷に胸をざわめかせるのは、佐和だけではなかった。母や兄、そして佐和の彼氏・草-。人々の気持ちがすれ違うほど、想いは切なく募り…。 </strong></p></blockquote>
    読み始めは、なんだかものすごく読みづらかった。ぽきぽきと文章が途切れ、放り出されているような感じとでも言えばいいだろうか。頭上を塞がれていて、どこかでいつか空が開けてくれるといいのに・・・と待ち焦がれるような心地にさせられもした。
    それがいつのまにか、次第に心地好く感じられるようになったのはなぜだろう。イナカノコである佐和の穏やかだが主張のない生き方の喜びと哀しみ、東京に出て行った海里の激しい自己主張の奥に隠された真の想いの寂しさと孤独が、物語の中から漂いだしてきたからかもしれない。読み終えてみれば、胸の底に小石をぽとりと落とされたような一冊である。</span>

  • イラストレーター・おおたうにの小説。<br>
    女の嫉妬を静かに描いているのが、なんともいえないかな。<br>
    20代前半だとそれぞれの幸せの形があるのはわかっちゃいるんだけど、嫉妬の対象にもなるんだよね。<br>

  • 大好きなおおたうにさんの初の小説。佐和の想いが切なくて、読んででとても切なくなりました。実写化するなら佐和は宮崎あおいちゃんにやってほしいなあ。

  • おおたうにさん初の小説です。「TUGUMI」みたいになるのかなって思ったけどちがかった。ウチも田舎だから(こんなに閉鎖的じゃないけど!)この東京に対する憧れともひけめともいえる微妙な気持ちはわかる気がします。高校卒業から20代前半ぐらいまでは東京に行くこと、いることがステータスのような雰囲気が周りにだたよってました。東京にいけば何か変わると思い込んでいたり・・・。そんな気持ちを思い出させてくれた本でした。小さいとこで変わらないのをよしとして生きてくのも一見いいようですが実は怖いことだなっと思いました。ここに出てくる海里のように自由でありたいけど、みんな自分の現状をムリに納得するために色々言い訳して生きているわけです。情景をキレイな言葉で丁寧に描こうとしていて、想像しやすくて私は好きです。

  • イラストレーターおおたうに初めての小説。
    佐和の住む町にいとこの海里が東京から帰ってきました。
    海里に想いを残していた佐和の彼・草をはじめ、町の皆が美人な海里に心乱されて・・・

  • おおたうにさんの初の小説☆♪
    どんな文章書くんだろう?
    結構期待してます
    てゆーか買っちゃうかもなぁ
    表紙可愛いっぽいしね!
    小説は基本ジャケ買いです。(だって表紙可愛かったらディスプレイできるやん)

  • うにさんが小説をかきました♪よみたいにょー

全22件中 1 - 22件を表示

イナカノコを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イナカノコを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イナカノコはこんな本です

イナカノコのAudible版

ツイートする