40歳からの人生を変える心の荷物を手放す技術

  • 58人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (5)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
  • 牧野出版 (2013年8月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784895001694

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
佐々木 圭一
三浦 しをん
村田 沙耶香
小池 龍之介
有効な右矢印 無効な右矢印

40歳からの人生を変える心の荷物を手放す技術の感想・レビュー・書評

  • ルポライターの藤井誠二氏が40歳になってパニック障害を人生で突然抱え、主治医で友人で精神科医である名越康文と対話にまとめた本。
    題名の「心の荷物を手放す技術」と書いているとおり、自分の話を聞いてくれる人は、もはや他人ではなく自分の一部であり、自分の荷物を一緒に背負ってくれるなど、心の荷物を手放してくこととはどういうことかを書いている。だけども、この本で一番大切だと訴えていることは、人生の45歳で多くの人がガクッと体力的に落ちるし、40歳~50歳で病気を抱えることも多い。そういった人生の局面を迎えて、それらをうまく自分の人生のなかで受け入れていくことが必要ということではないだろうか。実際の心を軽くする方法とともに、人生の中年期に迎える危機というか、中年期からの必要とされる今までとはことなる舵取りをしっかり意識をして、どう生きていくかという視点から読むと、この本にはほかにはない価値があると思う。

  • ・頑張れる人は頑張ればいい。でも、頑張れない人は頑張る必要は無いんじゃないか。みんなが頑張るから競争がはじまり、無理をして、更に頑張るということになり、限界点を超えていくことになる。

    ・自分のことを最もわからないのは自分だが、自分をコントロールするのも自分でしかない。自分の心の状態を以前よりも把握できたことと、そのためのツールをさがすことは苦行ではなく楽しいということを実感できつつある。

  • パニック症候群を自ら患ったことのあるノンフィクションライターの藤井氏とテレビでもよく見かける精神科医の名越氏が中年以降の精神状態や体調のために、習慣を変えてみようといった本。対談本だが、内容は章ごとにまとめられていて筋がわかりやすい。
    お二人の体験や事例交えてのお話で、世代的にもちょうど近いこともあり話の中身も受け入れやすいので読みやすかった。

    中身としては、、、
    自分の精神状態をちょっと引いて見て、ストレスの状態、体調を自覚する、瞑想や没頭できることを作ってセルフコントロールしてみる。会話のオチをかんがえるでなく何と無くの会話も含めて、人との付き合いの捕まえ方を変えてみる、自分の中の軸であったり力を見直してみる。

  • 自分も少なからず同類
    自分なりに克服してるだなー
    やはり自分を理解する事から始めよう

  • 帯裏
    まえがき すべてのビジネス書を読む前に 名越康文
    序章 今までのやりかたじゃ、マズい?
    第1章 心身の「変化」に気づく
    第2章 閉ざしていた「感覚」をひらく
    第3章 「孤独」を手放す
    第4章 人生の「軸」を再発見する
    あとがきにかえて 自分をコントロールできるのは、自分しかいない
                -パニック障害という「経験」を経て- 藤井誠二

  • 自分への思い込みを手放し、毎日自分の心をモニタリング。閉ざしていた感覚をひらき、孤独を手放し、人生の軸を再発見すべし。

    男性が抱える不全感、男性には解消の方法を指南する。女性には、それが女性からはじまっているということを意識して読んで欲しいとのことだけど、加害者に被害者としての庇護を求められてもねぇ。

  • 名越先生は本当に40代の男性の心境が分かってるなー

  • 宮台真司氏推薦。分類は498.39 精神衛生. 健脳法。

    パニック障害を発症したノンフィクションライターの藤井誠二さんと、主治医の名越康文さんの対談。
    第3章「孤独」を手放す の項が特に興味深い。アイデンティティを分散させること、SNSとのつき合い方、今の若い子の生き方など。
    人間関係などで参っているらしい友人と数日後に会うので、良いタイミングで読む事ができて良かった。自分の為にも相手の為にも、良い処方箋になると思った。

    編集はイマイチ。脚注に「?」となる部分あり。

全8件中 1 - 8件を表示

40歳からの人生を変える心の荷物を手放す技術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

40歳からの人生を変える心の荷物を手放す技術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

40歳からの人生を変える心の荷物を手放す技術の作品紹介

人は加齢による自然過程への無知ゆえに心的な不適応に陥る。元と同じ状態に戻ることがあり得ないことを理解し受け容れるのは難しい。その困難を克服するには必読の書。当事者として経験した「問題」を提示し、臨床的な知見から実践的なアイディアを提案していくという、対話形式で展開している。

40歳からの人生を変える心の荷物を手放す技術はこんな本です

ツイートする