はるかな島

  • 25人登録
  • 3.58評価
    • (1)
    • (6)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : ジュード ダリー  Dianne Hofmeyr  Jude Daly  片岡 しのぶ 
  • 光村教育図書 (2008年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784895726849

はるかな島の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 幸福へのヒントがつまった本

  • ナポレオンが幽閉され没したことで有名な大西洋に浮かぶはなれ小島でたった一人で暮らした男の物語。
    人間の尊厳を声高にではなく淡々と詩のように謳い上げた美しい絵本。
    お芝居に仕立ててもいいようなお話。

  • お礼とお返し、手土産と置土産。ヒキコモリ男とストーカー女、ボーイミーツガール。協労と農協、共同と同居。

  • 淡く優しい色彩で、浮かぶシンプルなタイトルに引かれて借りた。
    文章が多くて長くて驚いた。3歳児向けではない。対象は小学3・4年生からというところか。ある男と、その島の再生の物語。実話ということだ。最後にこの物語の元の話が大人の言葉で書かれてある。この本は内容もりょーまにはちんぷんかんぷんで、パパの膝に座って聞いていたりょーまはそれでも周りを見たりして、最後まで我慢して聞いていたので、偉いと思った。
    パパは表紙を見て、「はるかなとう」と呼んでいた。私が、「はるかなしま じゃない?」と言ったら、ホンとだ!と言っていた。(2010.11.20)

  • 2010.6.2 中3-1で読み聞かせ
    内容、絵ともに、とても気に入る!時間もぴったり。
    個人的には、拷問の過酷さが想像され、人間という業を思う。

  • 2009.2.18

全6件中 1 - 6件を表示

ダイアン・ホフマイアーの作品

はるかな島の作品紹介

男は海に飛びこんだ-たどり着いたのは、地球上のどこからも、はるかに遠い島。岩肌むき出しの寂しい島は、男の漂着とともに緑あふれる島へと変わっていった。16世紀の実話をもとにした、感動の物語。

ツイートする