土神ときつね (ミキハウスの宮沢賢治絵本)

  • 29人登録
  • 4.38評価
    • (4)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 宮沢賢治
制作 : 大畑 いくの 
  • 三起商行 (2010年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784895881241

土神ときつね (ミキハウスの宮沢賢治絵本)の感想・レビュー・書評

  • 絵に迫力があり、土神の制御できない気持ちがよく伝わってくる。純朴な、しかしひとりよがりの思いが。

  • 樺の木を愛する気持ちは同じなのだが、土神ときつねは接し方がまるで違う。
    スマートな接し方をするのはきつねなのだけど、どこか軽薄で嘘つきで調子がいい。
    土神は神である自分を偉いと思っていて態度が大きいし、外見も醜い。
    どちらも同じくらいの嫌らしさとやましさがある。
    どうしても捨てきれない嫉妬の情が引き起こす悲劇を、迫力のある大畑いくのさんの絵が更に魅力的にみせている。

全2件中 1 - 2件を表示

土神ときつね (ミキハウスの宮沢賢治絵本)の作品紹介

一本の樺の木など、自分にどれほどの価値があるものかと、土神は繰り返し自分で自分に教えた。それでもどうしても悲しくて仕方なかったのだ。ことに、ちょっとでもあの狐のことを思い出したら、まるで体が灼けるくらい辛かったのだ…。

土神ときつね (ミキハウスの宮沢賢治絵本)はこんな本です

土神ときつね (ミキハウスの宮沢賢治絵本)のオンデマンド (ペーパーバック)

土神ときつね (ミキハウスの宮沢賢治絵本)のAudible版

土神ときつね (ミキハウスの宮沢賢治絵本)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする