やった。―4年3カ月も有給休暇をもらって世界一周5万5000キロを自転車で走ってきちゃった男

  • 212人登録
  • 3.65評価
    • (17)
    • (29)
    • (46)
    • (2)
    • (0)
  • 35レビュー
著者 : 坂本達
  • 三起商行 (2001年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784895888028

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
レイチェル・L....
高橋 歩
デール カーネギ...
高橋 歩
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

やった。―4年3カ月も有給休暇をもらって世界一周5万5000キロを自転車で走ってきちゃった男の感想・レビュー・書評

  • ミキハウス社長の心意気はすごい。スポンサー集めに奔走したんだろうなぁ。個人的には「冒険中」ではなく、「冒険前の準備」にもフォーカスしている泥臭い部分の冒険本も出してもらいたいなぁと思う。

  • 15年ぶり?に読み返した。坂本さんの「人間は生かされている。」「感謝の気持ちが大事だ」、という考えに強く共感。冒険物語としても、最高。

  • 坂本達さんの講演会で購入、サインも戴きました。本書は、写真も多く使っており、一緒に旅を楽しめる内容だと思います。ただ冒険は自らやってこそのもの、どこか客観的に読んでしまうのは仕方のない事かもしれません。何より旅を実現させるまでの達さんの拘りは見習う部分が多々あります。

  • 4年3ヶ月有給休暇をもらって自転車で旅をしたミキハウスの人の旅。

    世界のみなさんは優しいんだなぁ。
    日本から自転車で来たとか言ったらびっくりするよね。

    自然と人間。
    いやな思いはひとつもしなかったとあるのも、この方の人柄なのだろうと思った。旅に行きたい。

  • 「笑ってコラえて」かなんかのテレビで知って読もうと。旅人としての世界中でのステキな出会いと、サイクリストとしての過酷な挑戦のバランスが良い。
    冒険踏破的な作品ではエッセイ賞受賞しているようなものでも、自己の目的や挑戦が中心で(万が一の場合の国や周囲への配慮が希薄で)気分悪くなるようなものもあるが、本作はそれも許容範囲。

    万人受けする内容です。

  • 4年3ヵ月も有給休暇をもらえるの!?まずそこから驚きでした。毎年、社長に提出する企画書に「私の夢」という項目を勝手に加えて提出したり、終業後や休みの日には有名企業に物資提供を求める手紙を書いたり。そんなこんなが実り、彼はとうとう自転車で世界に羽ばたいていきました。何も持たない旅人は現地の人たちから温かい言葉や心をもらい、与えられ、助けられ、旅を続けていきます。この本は彼の眼を通してみた世界の記録です。また、出会い、共に過ごした人たちへの感謝の気持ちも込められています。写真もたくさんありますので、現地の様子が窺えます。ただし、動物のミイラや虫の写真もあるので苦手な人は要注意です!
    (kame)

    徳島大学附属図書館にあります。
    所在:本館2階西閲覧室(社会系)
    請求記号:290.9||Sa
    資料ID:215000511

  •  筆者の講演会にうかがったことがあるのですが、そのパワーに圧倒されました。人間って、困難に打ち勝っていけるものなんですね。

     美しい写真を眺めながら、私も気分だけ世界一周を味わいました。実際は、夏休みも満足に取れてませんが(笑)。

  • 自転車で世界一周したもう一人の男の話。この人は四年間も有給休暇で旅をしたというから凄い。本もとても綺麗な写真が豊富に掲載されており自分も世界一周したかのような気分になれた。あぁ旅に出たい。

  • 次回のSundayLABでお招きする坂本達さんの著書です。
    なんと4年3ヶ月の有休をもらって世界一周5万5000kmを自転車で走ったという大きなの夢を実現した方です。。。

    本書を読んで感じたのは、夢を実現するためには必ずそのための準備が必要だということ。語学の勉強や、スポンサーを募っての資金集めなど、コツコツ努力を重ねた結果が、大きな一歩につながったのかなぁと思いました 。

    特に印象的なのが何の縁もない日本人に食事や寝床を与えてくれたり、病気の際に数少ないワクチンを使ってくださるなど、、、現地の人々の温かい対応 !

    達さんの言葉「人は生きているのではなく、生かされている。」が身体の奥まで染みる胸が熱くなる一冊です☆

  • あっという間に読み終わった。
    写真が豊富でいい。

  • 自転車でなんと世界一周をしちゃった坂本達さんのお話♪

    世界一周の話はもちろんおもしろいんだけど、そのバックヤードが坂本達さんの場合はさらにおもしろい。

    普通なら4年3ヵ月もの間、世界一周の旅に出るとなれば会社をやめなければならないかもしれないが、坂本達さんは自分でしっかりとスポンサーを見つけるなどして、世界一周を真剣に考えていることが社長にも伝わり、なんと4年3ヵ月にもわたる有給休暇でこの旅をしてしまったのだ!

    坂本達さんもすごいし、ミキハウスという会社もすごいとまず最初に驚かされた一冊です♪

  • ミキハウス入社4年目の著者が、社長の太っ腹で4年3ヶ月の「有給休暇」をもらって、自転車で世界一周する。久々に個人旅行の熱い文章に出会った。旅の本のスタイルはほぼ出尽くしている感があり、この本のスタイルも新しいものではないし、書かれていることもただの個人の経験に過ぎないのだが、それでも著者の熱さが、伝わってくる。
    自転車でアフリカ西部、東部、南部を走破し、イスタンブールからシルクロードをチベットまで。東南アジアを走って北米へ。南アメリカ大陸の最南端まで行く。走っているうちに本物のサイクリスト、旅人になっていく様が興味深い。本を読む限り、著者は名所旧跡を積極的に訪れるわけではなく、それぞれの土地で生活している人々との交流、旅人同士の交流に楽しさを見出している。個展を開くほどの写真の腕は確かで、掲載されている写真も素晴らしい。

  • タイトルそのままの本。
    各地の写真も数多く、文章と共に見ると
    様々な文化が垣間見えて面白い。
    印象に残ったのは塩湖。
    干上がった塩の湖の白い世界を、どこまでも自転車で走っていく。
    実際に自転車でというのは別にしても、一度見てみたい光景。

  • この本も人もやばいですね。写真も素敵です。

  • ミキハウスの寛容さに驚いた。

    実際、この本で会社の宣伝には十分なってる。

  • 夢を追いかける人へ

  • 世界一周を夢見る人にとっては、すごく本能をかきすぐられる感覚に陥るだろう。

  • やりすぎです笑

  • 昔よくよんだなぁ〜

    いまも、人生が冒険だぁ

  • ペコちゃんのレビューを見て興味を持った本。
    人の温かさから自然の偉大さと
    なかなか普段意識して考えることのない
    幸せを感じることができた。

  • 随所に挟まれた写真が楽しい。
    読んでいるだけで旅した気分になるような

  • 坂本さんの本、読んどきたい〜!!

  • 080210

    mikihouseの会社説明会で
    著者の坂本さんにひかれて買ったんだ。
    サインもしてもらっちゃった。

    本読んですごく好きになっちゃった。
    就活してて、こんなにすごい人と会えてよかった!

  • 世界一周してみたいと思わせてくれた本。
    旅の過酷さと楽しさが入り混じっています。  
             
           
                       自転車での旅は達成感が半端なさそう。憧れてしまいます。

  • タイトルにもあるとおり、4年3ヶ月かけて自転車で世界一周をした、坂本達さんの旅行記。~~旅に出たい。いろんな人に会って見たい。いろんなものを見てみたい。素直にそう思える本です。|

全35件中 1 - 25件を表示

やった。―4年3カ月も有給休暇をもらって世界一周5万5000キロを自転車で走ってきちゃった男を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

やった。―4年3カ月も有給休暇をもらって世界一周5万5000キロを自転車で走ってきちゃった男を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やった。―4年3カ月も有給休暇をもらって世界一周5万5000キロを自転車で走ってきちゃった男を本棚に「積読」で登録しているひと

やった。―4年3カ月も有給休暇をもらって世界一周5万5000キロを自転車で走ってきちゃった男はこんな本です

ツイートする