斎藤史歌集 記憶の茂み―和英対訳

  • 12人登録
  • 4.22評価
    • (5)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 斎藤史
制作 : James Kirkup  ジェイムズ カーカップ  玉城 周 
  • 三輪書店 (2002年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (405ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784895901628

斎藤史歌集 記憶の茂み―和英対訳の感想・レビュー・書評

  • 大西巨人が敬愛する歌人、氏の書物からの多くの引用(特に『神聖喜劇』第三部運命の章)に惹かれ購入したものの、読める自信なくずっと積んでいた齋藤史の歌集。七百首収録。この頃少しずつ短歌に馴染み始めて漸く手にとる。若き頃の2・26事件との関わりで受けた心の傷手を生涯負い続け、その背景を鑑みずに史の歌を読むことはできない。奥深い機微にまで読み至るには私はまだまだ浅い、だが歌から滲み出る生への刹那の寂寥はひしひしと感応を呼び覚ます。鋭く毒めく言葉の刃に息を呑み。


    「せめて苦惱の美しくあれ爪に染む煙草の脂を幾度ぬぐふ」
    「しなやかに熱きからだのけだものを我の中に馴らすかなしみふかき」 
    「まだ落ちてゆく凶凶しき空間のあるといふことがわれの明日ぞ」


    収録の七百首全てが五行詩という定型に収めたシンプルで渾身の英訳付き。語学すごい苦手な私にもすっと入ってきた。(こちらは掻い摘み読みしかできなかったけれど)。それよりなにより、私の拙い感想は斜めに読んでおしまいにして、正剛さんの素晴らしいレビューを読んでいただきたい。http://1000ya.isis.ne.jp/0692.html

  • Fumi Saito in thickets of memory

    魚歌
    The song of the fish

    白い手紙がとどいて明日は春となるうすいがらすも磨いて待たう

    with arrival of
    the white letter, tomorrow
    will surely turn to
    sprint - so I wait, and meanwhile
    polish may windows' frail glass

    アクロバティックの踊り子たちは水の中で白い蛭になる夢ばかり見き

    acrobat display -
    the dancers keep on dreaming
    nothing but a dream
    as they are transformed into
    white leeches in the waters.

    飾られるショウウィンドウの花花はどうせ消えちゃうパステルで描く

    All those flowers that
    have been decorating
    the display windows -
    I shall paint them in pastels
    that anyhow will soon fade.

    自分ならこう訳すのにと違うことを思ったりもする。
    短歌を翻訳する難しさを知った。

  • 先生の引越のとき、本の山からこれを見つけた。「ください!」それ以来、この本は大切に読んでいる。そして、種々の短歌に毎度まいどココロもカラダも撃たれまくる。

全4件中 1 - 4件を表示

斎藤史歌集 記憶の茂み―和英対訳に関連する談話室の質問

斎藤史歌集 記憶の茂み―和英対訳を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

斎藤史歌集 記憶の茂み―和英対訳を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

斎藤史歌集 記憶の茂み―和英対訳はこんな本です

ツイートする