バイオインフォマティクス ゲノム配列から機能解析へ 第2版

  • 25人登録
  • 3.25評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (2)
  • 4レビュー
  • メディカル・サイエンス・インターナショナル (2005年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (672ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784895924269

バイオインフォマティクス ゲノム配列から機能解析へ 第2版の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 翻訳が糞すぎて、読む気を削がれる。
    自動翻訳にかけて、文章を適当に並び替えただけのような印象。

    よくこんな本を出版したと、唯々遺憾です。

    バイオインフォマティクス研究者がこんな訳本を出していたのでは、
    後継者を育てる気が全くないと思わざるを得ない。

    日本語の本を読むなら、他の本をあたった方が絶対に良い。

  • 現在大学で使われているスタンダード

全4件中 1 - 4件を表示

岡崎康司の作品

バイオインフォマティクス ゲノム配列から機能解析へ 第2版を本棚に「読みたい」で登録しているひと

バイオインフォマティクス ゲノム配列から機能解析へ 第2版を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

バイオインフォマティクス ゲノム配列から機能解析へ 第2版を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バイオインフォマティクス ゲノム配列から機能解析へ 第2版を本棚に「積読」で登録しているひと

バイオインフォマティクス ゲノム配列から機能解析へ 第2版の作品紹介

本書は、配列解析や構造解析の方法を理解したいと思っている医学生物学者を主たる対象としている。コンピュータプログラムの限界や使い方のストラテジーをはじめ、その根底にあるアルゴリズムや仮定について、理解しやすいように解説した。第2版では、初版では第3章の一部であった"配列アラインメントの確率的、統計的解析入門"に相当する内容を、新たに第4章として独立させ、仮説の検証と配列解析に基づく予測の正確性の検証についての基礎も含めた。第12章と第13章は、初版には含まれていなかったPerlプログラミングとマイクロアレイ解析を扱っている。

バイオインフォマティクス ゲノム配列から機能解析へ 第2版はこんな本です

ツイートする