各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいこと

  • 181人登録
  • 3.82評価
    • (6)
    • (21)
    • (10)
    • (0)
    • (1)
  • 14レビュー
  • 株式会社メタモル出版 (2016年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784895958981

各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいことの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ずばり名指しもあり、科学的根拠など証拠を並べて反論している。

    妊娠、出産、子育てにおいて、根拠のないデマが横行する中、何を信じ、どう考えるか、この本を読んでからだと手間が省けるように思う。

    とりあえず最初に読んでおけば、後から育児のことを調べるうちに目にするであろうデマや捻じ曲げられたことが「これはおかしい」と簡単に切り捨てていけるようになると思う。

    妊娠前ではある人の本を読み、すごいなー、こんな出産できたらなぁと(実際は自然分娩してないし、病院で産んだけど)思っていたけど、単純に信じすぎてて、ほんとにバカだったなぁーとしばらくして気付いた。

    だって、人の分娩は母親、赤ちゃんによって千差万別。子育ても子供によって対応が違うのは当たり前。それを単純なグループわけしたり、当てはめるのはおかしなこと。
    全否定はしないけど、胡散臭さも共存している。

    妊娠、出産、子育てを始めるといろんな情報を見たり調べているうちに、何が正しいのかわからなくなりやすい。

    無知、真面目な人ほど迷いやすいだろう。
    騙されやすいだろう。

    デマも多く、それを信じ込んで疑わず広めている人たちもいる。

    根拠のないデマを信じ込み、我が子のためだと思っていたことが、真逆であることもある。

    芸能人とか、カリスマ的助産師とか、有名な人だから正しいのだってことはない。医者や専門家でさえおかしなのがいるという。

    薬、食べ物、ワクチン、教育など、デマの多くは極端な解釈から捻じ曲げられて解釈している。中には科学的に嘘だと証明されているものもあるし、普通に考えておかしいものもある。

    とにかく、無知だとダメだなって思う。

    教育の章(誕生学、二分の一成人式、江戸しぐさ、親学、水からの伝言)やEMは、ほとんど知らないことが書かれていた。聞いたことがあるけど、どんのことか知らなかったので。今後我が子が学校でやるかもしれない。
    しかし、上部のことだけでここまで捻じ曲げて、あるいは間違ったまま教育の場に持ち込むんだなぁ。

    親も何が正しいか見極め必要だ。

  • 痛快!!
    蔓延する育児神話やエセ医療などを専門家がバッサバッサと斬りまくる!!
    特に「食育」の項は吹き出した。
    それから、スーッと楽になった。
    それぞれの詳細内容はもちろんだけれど、こうやって反証して自分に必要なものを見極めていくのだというやり方も実地で見せてくれたようで、それもとても良かった。

  • 資料番号 : 00010279
    請求記号 : 599||SON
    配架場所 : 上階書架
    NCID : BB22004083

  • 子育ての世界はいろんな宗派が入り乱れて、何がこどものためになるのか新米ママは悩みがち。
    各分野の専門家が根拠のあることだけを簡潔にまとめて伝えてくれます。
    母乳、予防接種、江戸しぐさ、放射能等迷いがスッとはれました

  • 危ない道に入りかけてる初期症状への投薬・ポータルとして十分におすすめできる。特に親学とEMは、本書で挙げられているトピックをいくつも煮詰めたような代物で、政治家や教育現場への影響も含めて対処優先度が高いと感じる。
    テーマの難易度や自分の好き嫌いなのだろうが、著者によって強く首肯出来たり弱腰に感じたり。

  • まずは巷には「〇〇は有害」というような極端かつ誤った情報が溢れすぎていることにびびる。しかしどれもさも正しい情報ですよ!という風に書かれているので判断は難しい。本書は専門家がわかりやすく、根拠を持って間違いは間違いと書いてくれています。ジャンルも医学、食、育児など様々なジャンルにわたっているので親としてとても心強い一冊です。

  • 大体知ってる内容ではあったけど、一部知らないこともあったので、知識の更新。「それはいくらなんでもトンデモすぎて言われなくても分かる」というのも多かったけど(ホメオパシーとか)、えせ科学を見抜き論破する参考になる本かと。

    メモ(子育て)
    ・行動の3つのタイプ分けと対処法(ペアレント・トレーニング 
     ①好ましい行動/増やしたい行動→ほめる(トークンシステムも効果的。ただし罰には使わない)
     ②好ましくない行動/増やしたくない行動→無視する(存在は無視せず、言動を無視する)
     ③絶対によくない行動/すぐ止めるべき行動→リミットセッティング(警告してタイムアウト/シンキングタイム=子どもを一旦その場から離して1人にさせる。数分程度。きっぱり一貫して止める。やめられたら水に流す)

  • ん~。
    私も凝り固まっているのかなぁ。
    びみょうなところだ。

  • 情報は生き物なので、常に最新のもの、確かなものをとりにいかないと混乱します。

全14件中 1 - 10件を表示

宋美玄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川上 未映子
又吉 直樹
アンジェラ・アッ...
村田 沙耶香
ヴィクトール・E...
夏目漱石
有効な右矢印 無効な右矢印

各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいことに関連する談話室の質問

各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいことを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいことを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいことを本棚に「積読」で登録しているひと

各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいことの作品紹介

子育てに関しては、でたらめな情報が広まっています。子どもたちの健やかな育ちを守るには、正しい知識と論理的思考による情報の取捨選択が必要でしょう。そこで各分野の専門家が育児・医学・食・教育などのデマに反論!さらに本当に大切なことをお伝えします。

各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいことはこんな本です

各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいことのKindle版

ツイートする