恋愛深度 (ルナノベルズ)

  • 35人登録
  • 3.18評価
    • (0)
    • (2)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 浅見茉莉
制作 : 実相寺 紫子 
  • ムービック (2010年6月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896017656

恋愛深度 (ルナノベルズ)の感想・レビュー・書評

  • こういう設定大好きなんですよね。もう人を取らないだろうと世捨て人のようなカメラマンのお話。受けが攻めを好きになってどんどん可愛くなって行く所も好き!

  • カメラマン×モデル
    なんかちょっと設定的にありがち感が否めないかも。
    足を怪我して崖っぷちのモデル七生。モデルを最高に生かした写真集を見て、彼に撮ってもらうことで再起をかけようとした。
    しかし押しかけた軽井沢の家では鼻にもかけられず、無理矢理居候を決め込むことに。
    もう何年も仕事をしていない飛鷹。彼には何か「撮れない事情」があるようで・・・。

    誘い受けがキョヒられて益々火がつく話。そして弱っている七生を放っておけない飛鷹。だんだん気持ちが近づいて・・・・という感じ。
    やっぱちょっとマンネリ展開かなー。

  • [カメラマン×モデル]
    誘い受け

    ムリヤリ押しかけ、
    誘えば落ちると思ったが全然なびかず、
    そっけない攻めに焦れ、しかし段々惹かれていく。
    恋をすると一転、自分に自信がなくなり、逃げ腰になり
    実際は逃げ出すわけで・・・
    それでも繋ぎ止めようとする攻めが良かったです!

    ☆あらすじ☆
    足を怪我して以来、一流モデルの座から転落し、愛人まがいのことまでして自身を売り込むしかなくなっていた七生。だが、そんな生活にも嫌気がさし、自暴自棄になりかけていたとき、ある一冊の写真集と出逢う。―この男に、自分を撮ってもらいたい。彼ならきっともう一度、脚光を浴びるような写真が撮れるはずだ。だが、その男はすべての依頼を断り続けていて、もちろん七生の頼みも聞こうとしない。自身の身体を使い、誘惑しようとする七生だったが…。

  • 言ってみな
    ──俺が欲しいって

    事故以来、モデルだけでなく愛人まがいのことまで
    するようになっていた七生は、一人の男が撮った写真に出逢う。
    どうしても自分を被写体にしてもらいたいと、
    その男の元へ押しかけるが、彼は二度と人は撮らないと言い──。

全4件中 1 - 4件を表示

恋愛深度 (ルナノベルズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ツイートする