薔薇と犬 (ルナノベルズ)

  • 23人登録
  • 3.14評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 今城けい
制作 : 海老原 由里 
  • ムービック (2010年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896017786

薔薇と犬 (ルナノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 取り寄せ先:江東区立亀戸図書館(借受先:府中市立中央図書館)

    いろいろな意味で消化不良が残る一冊。今城の「萌え」という名の欲望はわからないでもないけれど、しかしそれをしっかりと読み手が腑に落ちるように説明してほしいとは思う。しかしそれは、もはや後の祭りである。「今城の自己満足しかわからない」というほか言葉が見つからないのである。
    これでは、「やまなし・おちなし・いみなし」の含意を取り違えていると思われるだろうし(現に評者はそう思いたくなる衝動に駆られている)、そのように思われてしまうことで本書が本来どのような関係性を構築したかったのかということがあいまいになる恐れすらある。

    結論として、作品内での権力作用に対する今城の認識の無さ(というよりも、BLという権力を自分が行使していることへの自覚の無さ)が本書の立ち位置を宙吊り状態にしてしまったと言えるだろう。「Buddy」としてならまだ理解できなくは無いが、「萌え」は「Buddy」で言い換ることができないのである。

  • 攻めキャラ贔屓です、私。海上自衛官だってだけでまず食いついちゃいます。

  • 私の苦手な時事系のお話でした。でも、あきることなく最後までハラハラさせられてとても面白かったです。恋愛面に関してはちょっと不満はあるもののすごく楽しめました。

全3件中 1 - 3件を表示

今城けいの作品

薔薇と犬 (ルナノベルズ)はこんな本です

薔薇と犬 (ルナノベルズ)のKindle版

ツイートする