ダモイ 遥かに

  • 10人登録
  • 3.63評価
    • (2)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 辺見じゅん
  • メディアパル (2008年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896100839

ダモイ 遥かにの感想・レビュー・書評

  • シベリアに抑留された日本人たちの辛く厳しい日々。
    そんな中でも帰国(ダモイ)の望みを持ち続け、仲間を励まし続けた男がいた。
    彼は俳句の会を作ったり、広報部を担当したりして生きる喜びを見つけ、10年もの長い間頑張ってきたが、帰国を前に病に倒れてしまう。
    日本に残された彼の家族のために、彼を慕うもの達が『遺書』を届けようと考えた。
    しかし、帰国の際には必ずソ連側の検査を受け、書き付けたものは何でも没収されてしまうという。
    彼らはなんとかして、遺書を家族のもとに届けようと考えた。

    実在の人物のお話。山本幡男さん。
    彼の子供達に宛てた遺書には、日本の全ての若者たちにも届けたい熱い気持ちが書かれている。

  • 人生には忘れることのできないいくつかの本がある。20年前に読んだ「ラーゲリから来た遺書」の感動は今も蘇る。ソ連の収容所、日本人捕虜の中で指導者的な立場にあった山本幡男氏の遺書を、没収されることを避ける最大の手段である暗記によって遺族に届けられた実話だった。本文、母へ、妻へ、子どもたちへの四つの遺書は山本さんの家族だけに宛てたものというより、残されたすべての人々へのメッセージとして本当に力のある文章だった。どんな苦境の中でも「ダモイ(帰還)」を心に刻みつけ、辛い中でも小さな喜びを見つけユーモアを持って生きること、俳句をひねることで日本を忘れないことなど、ともすれば失望に落ち込む同僚たちを励ます素晴らしい人がいたのだ。「ラーゲリから来た遺書」執筆当時はできなかった現地取材、新たな現地取材を経て小説仕立てにした物語。

  • 他の作品の焼き直し感が強い。新しい情報は…。

全5件中 1 - 5件を表示

ダモイ 遥かにを本棚に登録しているひと

ダモイ 遥かにを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ダモイ 遥かにの作品紹介

歴史に埋もれたシベリア抑留の事実。『男たちの大和』の辺見じゅんが問う、未来を見続けることの、意味…。

ダモイ 遥かにはこんな本です

ツイートする