英雄伝説 零の軌跡 四つの運命 (ファルコムBOOKS)

  • 27人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 田沢大典
制作 : 松竜 
  • メディア・パル (2012年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896102154

英雄伝説 零の軌跡 四つの運命 (ファルコムBOOKS)の感想・レビュー・書評

  • ミレイユかわゆううううううううう

  • 好きなゲームなので本も買ってみたのですが、ちょっと内容が薄かった感じ。

  • 日本ファルコムのPSP用ソフト『英雄伝説 零の軌跡』のノベライズ作品。
    本作はゲーム冒頭部の不良チームの抗争を軸に、クロスベル警察の新設部署・特務支援課のメンバーがそこに配属されることになった経緯と、それぞれが抱える思いを明かしている。

    原作に忠実で、ゲームをプレイした身としては懐かしく思うと同時に、小説だからこそ表現できる描写で初めて気付いたこともあった。

    正直勢いで買ってしまったものの「ノベル化だなんて」と持て余し、長い間積読にしていたが、なるほどこれはこれで楽しめた。
    イラストもなかなか良い。


    ミレイユ可愛いよミレイユ。

全3件中 1 - 3件を表示

英雄伝説 零の軌跡 四つの運命 (ファルコムBOOKS)を本棚に登録しているひと

英雄伝説 零の軌跡 四つの運命 (ファルコムBOOKS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

英雄伝説 零の軌跡 四つの運命 (ファルコムBOOKS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

英雄伝説 零の軌跡 四つの運命 (ファルコムBOOKS)を本棚に「積読」で登録しているひと

英雄伝説 零の軌跡 四つの運命 (ファルコムBOOKS)の作品紹介

クロスベル警察特務支援課はここから始まった-『英雄伝説 零の軌跡』『英雄伝説 碧の軌跡』の主人公ロイド、エリィ、ティオ、ランディが特務支援課に入る経緯が明かされる日本ファルコムオフィシャル外伝小説シリーズ。

英雄伝説 零の軌跡 四つの運命 (ファルコムBOOKS)はこんな本です

ツイートする