UN-GO會川昇脚本集 (ANIMESTYLE ARCHIVE)

  • 49人登録
  • 5.00評価
    • (8)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • メディアパル (2012年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896106503

UN-GO會川昇脚本集 (ANIMESTYLE ARCHIVE)の感想・レビュー・書評

  • アニメーション史:辻先生推薦図書
    背中に茶色シールを貼った図書のコーナーに並んでいます。

  • 内容と全然関係ないのですが、この本リアル書店に全然流通していないのはなんででしょうか?メガ書店に聞いたら買い切りって言われたのですが、コミックいわてとかもそうだっけ?

    DVD買うお金もないので、この本読んで延々と楽しみます。高いだけの内容ありました。

  • アニメ全話の脚本の決定稿に加えて、UN-GOの企画案や監督のインタビューが載っていて、ファンにはたまらない一冊(^艸^)
    新十郎が企画段階ではXXXだったり、風守がXXXって名前だったり、どの作品をモチーフにしようか迷ってるところだったり、普段は知ることの出来ない面が盛りだくさん。
    監督のインタビューを読んで、監督が會川脚本をどれだけ大切にしているか知った上で、決定稿を読んで、アニメを思い出して……とやってるととても幸せな時間に浸れます(^艸^)
    月刊ドラマやミステリマガジンにUN-GOの脚本が掲載されたときにも買ったけど、こうやって一冊になってくれて、すごく嬉しい。装丁デザインもかっこいい!
    私の宝物になりました。

全3件中 1 - 3件を表示

UN-GO會川昇脚本集 (ANIMESTYLE ARCHIVE)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

UN-GO會川昇脚本集 (ANIMESTYLE ARCHIVE)の作品紹介

濃厚かつトリッキーな内容で話題を呼んだミステリアニメーション「UN-GO」。
そのクリエイティブの中核たる會川昇の全脚本を収録。
初公開となる資料も満載したファン必携の一冊。

劇場公開された「UN-GO episode:0 因果論」及び、TVシリーズ全11話の脚本を収録。
さらに巻末の【資料編】には『企画メモ(3バージョン)』、『因果論・ロングバージョン』、『第1話ゼロ稿』、『第9話、第10話別バージョン』等を収録予定。
また、【解説編】として坂口安吾の原案との関係等を詳述した全話解説、水島精二監督インタビューを予定。

UN-GO會川昇脚本集 (ANIMESTYLE ARCHIVE)に関連するサイト

UN-GO會川昇脚本集 (ANIMESTYLE ARCHIVE)はこんな本です

ツイートする