ハルとミナ

  • 30人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
制作 : (発行)リブロアルテ  濱田英明 
  • メディア・パル (2014年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896108330

ハルとミナの感想・レビュー・書評

  • なんどもなんどでも見返したくなる一冊

    生き生きした子どもと 豊かな風景
    暮らしを切り取る天才
    H&Mの前に座り込むH&M

  • 瑞々しくって微笑ましくってまぶしい!

  • 著者が自身の子どもである、仲良しきょうだい ハルとミナの写真集。


    ハルとミナ、彼らを撮影していると、
    ふと幼い頃の自分かのような錯覚が起こることがある。
    それはまるで僕自身がふたたび人生を生き直しているさまを間近で眺めているような不思議な感覚だった。

    ↑著者のあとがきより

    自分に子どもができたら同じように思うのだろうか。

    人生を生き直す。
    それは一体どんな感覚なのだろう。

全3件中 1 - 3件を表示

ハルとミナの作品紹介

「彼らを撮影していると、ふと幼い頃の自分かのような錯覚が起こることがある。それは、まるで僕自身がふたたび人生を生き直しているさまを間近で眺めているような不思議な感覚だった。」――『ハルとミナ Haru and Mina』は、2人の子どもたちが生まれてから写真を撮り続ける濱田英明による日本で初めての写真集です。
ここには、何でもない日々を生きる、ありのままの彼らの姿が収められています。
「ここに写っているのは、彼らであり、僕であり、“あなた"なのかもしれない。」という濱田の言葉のとおり、愛らしく微笑ましい兄弟の姿は、誰もがもつ幼少期の記憶や経験を思い起こさせてくれる“記憶の記録"です。
「写真は未来への贈り物」と語る濱田が2009年から撮り続けた「Haru and Mina」シリーズの集大成。

ハルとミナはこんな本です

ツイートする