上海物語 あるいはゾルゲ少年探偵団

  • 1人登録
  • 1レビュー
著者 : 小中陽太郎
  • 未知谷 (2016年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896425154

上海物語 あるいはゾルゲ少年探偵団の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっと読むのが苦痛。孫崎亨氏の『小説外務省』みたいな、体験を文才のあまりない人が書いているのを読まされている感じ。

全1件中 1 - 1件を表示

小中陽太郎の作品

上海物語 あるいはゾルゲ少年探偵団を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

上海物語 あるいはゾルゲ少年探偵団の作品紹介

時は、一九三〇年代戦火迫る謀略の上海。英、日、中、ソ、五人の少年少女が運命の糸に操られつつ、繰り返す再会と別離の物語。いずれも故郷を知らず、戦乱の雲の下、明るく生きてゆく。やがて星移り、時変わり、平和の代わりにテロがぎた。国境とは、国家とは、難民とは、友情とは。作家と平和運動の葛藤を問いつつ20世紀を華麗に生きた少年たち。しかし時代は21世紀にむかいまっしぐらに破滅へ-戦前戦中の上海体験をもとに、脱走兵救援活動、ペンクラブの作家たちとの苦闘、中露の最新の未発表文書をとりこみ、年代、実名、入り混じり、SF・映画・現代語に紛れ込み、イマジネーションとエビデンスの雲海を行く。「三銃士」か「百年の孤独」か、新形式のハイパー・スパイ小説。

ツイートする