センシティブ・ポルノグラフ (JUNEコミックス ピアスシリーズ)

  • 235人登録
  • 3.30評価
    • (12)
    • (21)
    • (78)
    • (4)
    • (3)
  • 11レビュー
  • マガジン・マガジン (2003年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896440454

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

センシティブ・ポルノグラフ (JUNEコミックス ピアスシリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 作者の方を普通の漫画で知って好きになったので、過去に描かれたこちらの本も読んでみました。

    表題作の「センシティブ・ポルノブラフ」と「愛玩物はお部屋の中」が個人的に好きでした!(ちなみにどちらもアニメになってます)

    あしか先生らしくエロエロな1冊ですが、「お願いだから、キスをして」という不良×不良のお話はHシーンがありませんでした。

    中の絵はあまり丁寧に描かれている感じはしませんが、上手いとは思いますし個人的には好みな絵です。

  • もう、園さんエロい・・・

  • 漫画家と漫画家を目指すファンの恋とか短編とかいろいろ!

  •  「年上の恋人は、いろんな意味でエロい。俺はもうめろめろです」

     かけだしの少年漫画化である征二は、年上で美人なソノさんに一目惚れで付き合っている。ソノさんは青年雑誌の漫画家さん。繊細なタッチとエロい展開がコアなファンを惹きつけると同時に、よく性別を女性だと勘違いされている。
     そんな人と付き合えて征二は喜ぶが、業界の中でソノさんは「誘われれば誰とでも寝る、公衆便所」と言われていて…。

     征二とソノさんの関係は、漫画家さん同士という同じ業界で、同じような仕事をしているからか、お互いきちんと気遣い合える存在のように描かれていて、結構ほのぼのしていると思います。ソノさんも、公衆便所とまで言われていますが、その理由も何だか解る感じがして、憎めないです。
     話自体結構好きなのですが、所々絵が白いのが気になりました…。若干てぬk…という感じに白いところがあったのが残念です。OVAにもなり、そちらは絵が忠実に再現されていたと思います(あんまり絵が動かなかった記憶があるのですが…うろ覚えですみません)。

     他にも「お願いだから、キスをして」「大人の都合じゃなくて」「ガキは素直じゃねえ」「愛玩動物はお部屋の中」「おうちへかえろう」があります。
     中でも、「大人の都合じゃなくて」は、作者さんの別のショタ系コミックスに収録されている話の続編です。あの子があんな大人に…という驚きがありました。

  • 年上の恋人は、いろんな意味でエロい。
    俺はもう、めろめろです。<br><br>

    さくらあしかさん全開☆の一作。<br>
    表題作含め濃さはトップクラス。<br>
    あしか先生ファンなら読むべき。イチオシ。

  • 表紙買いした一冊。
    可愛い絵柄なのにハードな内容でした。

  • 透明感と瑞々しさ溢れる表題作の他、読み切り6作品を収録。

  • 繊細な絵柄とエロさにノックアウトです。

全11件中 1 - 11件を表示

センシティブ・ポルノグラフ (JUNEコミックス ピアスシリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

センシティブ・ポルノグラフ (JUNEコミックス ピアスシリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

センシティブ・ポルノグラフ (JUNEコミックス ピアスシリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

センシティブ・ポルノグラフ (JUNEコミックス ピアスシリーズ)はこんなマンガです

センシティブ・ポルノグラフ (JUNEコミックス ピアスシリーズ)のKindle版

ツイートする