紫の履歴書

  • 245人登録
  • 3.90評価
    • (33)
    • (16)
    • (37)
    • (1)
    • (1)
  • 18レビュー
著者 : 美輪明宏
  • 水書坊 (2007年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (463ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896450088

紫の履歴書の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 生まれながらに芸術的センスを身に付け、美しさに恵まれている美輪さん。
    さぞや、昭和初期の時代を生きていくのは、好奇の目にさらされ苦悩の日々であったことでしょう。

    「マトモ」ってなんでしょうかね?
    この本を読んでいて私が強烈に感じたこと。

    「マトモ」のバロメーターを他人にあてがって自身を満足させている輩。

    美輪さん強いです。

  • 子どもの頃の思い出、戦中・戦後、中学、大学。修行、恋の遍歴、仕事、工夫をし次第に売れていく。家族の世話、芸とは、役者とは。

    名前を聞く程度でしたが、きれいな、すごい人だったのだと知りました。

  • 美輪さんの33歳までの人生を綴った本。
    途中詩的な表現もあり、結構すらすら読めます。

    最初の原爆の体験は物凄いですよね。学校の授業で色々な教材を使って勉強しましたが、実際に体験された方の話を聞くと身が震える思いがします。

    そして、実に恋多き人。
    ここまで人を愛せるのは、愛が溢れているからなのだなぁと思いますが、容姿が整いすぎているが故の弊害なんかもあって「きれいな人も大変なんだな」と思わされました。

  • 舞台「黒蜥蜴」を観てからというもの、美輪明宏氏のことが頭を離れない。Youtubeで銀巴里時代のライヴを聴いたり、コンサートの様子を観ると、一つ一つの曲を、ドラマ仕立てに歌っていて、目も耳も釘付けになる。
    本書は30代までの自伝だが、波瀾万丈の人生に驚かされるだけでなく、シンガーソングライターとしての矜恃というか、表現力にも優れており、美しい日本語で当時の心情を語っていることに感動する。
    多くの作家と交流し、愛されて、そして彼らから沢山のことを学んだ美輪さんだから、このような自伝が書けたのだと思う。来月で80歳になられるというが、40代以降の自伝も書いて頂きたい。

  • 2015.1.23金、TSUTAYAエコブックス購入。

    2015.2.8日、読了。

  • これは芸能人の自伝書なんかじゃない。
    美しい文学書である。
    多くを語る必要なし。

  • MIWAからの探求シリーズ、完結。もうええわ。

  • NODA・MAPのMIWA予習用に。美輪さんは年齢不詳感があって、戦前生まれとは思ってなかった。裕福でお洒落な幼少期から、長崎での原爆、苦難の青年期を乗り越えて華やかな世界へ。メディアで美輪さんは脱俗超凡に映るが、本著では普通の人となんら変わらない人間臭い姿が描かれている。(破天荒ではあるが)自分の信念をしっかり持ち、社会の理も場合によっては気にせず、前向きに挑戦的に生きる様に魅力を感じた。

  • 逗子図書館にあるらしい。読みたい。

  • ディープでドラマチックな美輪明宏氏自伝です!33歳までの著者の波乱万丈な半生ですが,心意気と生きざまはさすがです。あたたかく耽美な“美輪ワールド”へようこそ!

全18件中 1 - 10件を表示

美輪明宏の作品

紫の履歴書を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

紫の履歴書を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

紫の履歴書を本棚に「積読」で登録しているひと

紫の履歴書の単行本

ツイートする