フランス人の幕末維新 (有隣新書)

  • 15人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 有隣堂 (1996年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896601350

フランス人の幕末維新 (有隣新書)の感想・レビュー・書評

  • 『世界周遊』(Le Tour du Monde)という紀行雑誌に掲載された三編の紀行文の翻訳と解説。このうちアルフレッド・ウエット(Alfred Houette)の筆になる最後の「富士山登攀記」("Une Ascension au Fujiyama")は興味がないので飛ばして読む。フランス人視点からの幕末維新なのですが、こういった視座に関心をお持ちの方にはなかなか興味深いかと思います。解説がわりとよく出来ている(が、間違いもあるように思われる(追記:2011/02/24))。

    ド・モージュ(M. de Moges)「日仏修好通商条約 全権団随行員の日本観」("Voyage en Chine et au Japon, 1857-1858"):
    日仏修好通商条約調印のため来日した使節団の随員の一人ド・モージュ侯爵による日本の印象。全権大使はグロ男爵。日本の風習などを中国と比較し云々している。

    ウージェーヌ・コラッシュ(Eugène Collache) 「箱館戦争生き残りの記」("Une Aventure au Japon")
    宮古湾海戦にも参加したコラッシュの手記なのだが、この海戦の描写はどうも疑問に思うことが多い。コラッシュが勘違いをしているのか、それとも訳に問題があるのか……。一例をあげると、「回天」がアボルダージュを行わずさっさと逃亡してしまったかのように書かれている。また各艦に乗り組んでいた人物についてもどうも史実と違うという気がする。記述は全体に宮古湾海戦よりも、むしろその後の逃亡劇と虜囚生活のほうが主。原文と比較したほうがよさそう。

  • 箱館戦争に参加したフランス軍人コラッシュ著『Une Aventure au Japon』(『箱館戦争生き残りの記』)の日本語訳が収録されています。おそらく箱館戦争にそれほど詳しくない方が翻訳しているのか、疑問のある箇所もあります。

全2件中 1 - 2件を表示

フランス人の幕末維新 (有隣新書)に関連するまとめ

フランス人の幕末維新 (有隣新書)はこんな本です

ツイートする