武士道 Bushido: The Soul of Japan (ラダーシリーズ Level 5)

  • 49人登録
  • 3.31評価
    • (1)
    • (4)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 新渡戸稲造
制作 : ロジャー・アルバーグ 
  • IBCパブリッシング (2007年1月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896844429

武士道 Bushido: The Soul of Japan (ラダーシリーズ Level 5)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ほぼ無宗教でありながらモラルの高い(大人しい)日本人の言動には、武士道が根底にあるという有名な主張の本。
    西洋の考え方をリスペクトしつつ、比較して、武士道を再評価するという客観的な見方をできた人が、当時の日本にどれほどいただろうか。

    正直英語だったから100%は理解できなかったけど。次は日本語版を読んでみたいと思った。

    偶然にも、ここ数ヶ月で紙幣の顔になっている人の本をたくさん読んでる。一万円札、千円札ときて今回は五千円札。さすがに素晴らしい本ばかりだ。
    次は二千円札だな。

  • 日本語版との対訳で読み進めたが、TOEIC600点第では少し厳しかった。簡単な英語にすると帰って意味がとれなくなるように感じた。オリジナルな英文版が出ていると思うので、その内比較してみたい。

  • 日本人としては同意出来るところも多かったのかな、と思った。
    普段見慣れない英語(e.g. feudalism:封建制度)等も多く出てきたので、その点ではラダーシリーズで読めたことがより良かったように思う。

  • 前回の本同様、あんまり面白さがわからなかった。読みにくいと感じたのは自分の英語力のせいもあると思うが、日本人が書いた本だから読みにくいのかなぁと思った。しばらくしたらまた読み直してみる。

  • 英語版なのであまり理解はできてないと思う。武士道のおおまかな雰囲気はよくわかった。2011年17冊目、読了。

  • 69冊目。

  • 武士道と英語の勉強のため読んでみたい。

  • 武士道を主にアメリカの読者に紹介したもの。
    武士がいつ頃から刀を持つようになるのか、などなど日本人なのに知らなかったこともちらほら。
    キリスト教においては個人が神に忠誠を誓うのに対して、
    日本では妻は夫に忠誠を、夫は大名に忠誠を、大名は神に忠誠を誓うとのことだった。
    武士の行為には驚くものがあったのだが、
    それは自分がかなり西洋の考えに近い考え方をするためなのか。

  • -

    総語数:16,800

    横浜国立大学附属図書館蔵書検索
    http://libopac.lib.ynu.ac.jp/webopac/BB00829986

全10件中 1 - 10件を表示

新渡戸稲造の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
鈴木 陽一
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

武士道 Bushido: The Soul of Japan (ラダーシリーズ Level 5)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

武士道 Bushido: The Soul of Japan (ラダーシリーズ Level 5)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

武士道 Bushido: The Soul of Japan (ラダーシリーズ Level 5)を本棚に「積読」で登録しているひと

武士道 Bushido: The Soul of Japan (ラダーシリーズ Level 5)はこんな本です

武士道 Bushido: The Soul of Japan (ラダーシリーズ Level 5)のKindle版

ツイートする