なぜ大人になれないのか―「狼になる」ことと「人間になる」こと (新書y)

  • 30人登録
  • 3.42評価
    • (1)
    • (4)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 村瀬学
  • 洋泉社 (2000年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896914887

なぜ大人になれないのか―「狼になる」ことと「人間になる」こと (新書y)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    いつの世でも、生き物は「大人」になるために、どこかで「狩り」をし「獲物を捕る」訓練をしなければならない。
    いつもいつも「やさしく」「誰も傷つけない」ようにするわけにはいかない。
    そして、ある日突然キレる。
    そんな若者の実態を、「狼になる」というキーワードで読み解き、「大人になる」ことの難しさの深層に迫る問題提起の書。

    [ 目次 ]
    第1章 「狼になる」こととしての若者(「人のかたち」への目覚め;最初の問いかけ ほか)
    第2章 「狼」として「家を出るとき」(なぜいつまでも親子なのか;家庭内暴力への対応)
    第3章 事件の中の若者―空想からヒロイズムへ(佐賀バスジャック事件と「狼」―「声」と「ヒロイズム(英雄主義)」
    中学生五千万円恐喝事件―「金」と「小さな資本家」 ほか)
    第4章 文化の中の若者(なぜ「電波少年」のような「中継番組」が流行るのか;なぜ過剰に「キレイ」好きな若者が増えてきたのか ほか)
    第5章 「なぜ大人になれないのか」をめぐって―「狼」のイメージを再発見するところから

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • メモ
    どこに属するかで人であるものとそうでないものが
    決まる。
    人殺し、援助交際はなぜいけないのかではなく
    なぜ人とみなせなくなれたのか、公に認められないのか、ということを考えるべきである。

  • 高校の時の読書課題。もう今僕は大人になりました。

全3件中 1 - 3件を表示

村瀬学の作品

なぜ大人になれないのか―「狼になる」ことと「人間になる」こと (新書y)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

なぜ大人になれないのか―「狼になる」ことと「人間になる」こと (新書y)を本棚に「積読」で登録しているひと

なぜ大人になれないのか―「狼になる」ことと「人間になる」こと (新書y)はこんな本です

ツイートする