「勝ち抜く大人」の勉強法 (新書y)

  • 34人登録
  • 3.11評価
    • (0)
    • (2)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 中山治
  • 洋泉社 (2001年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896915174

「勝ち抜く大人」の勉強法 (新書y)の感想・レビュー・書評

  • [ 内容 ]
    二十一世紀を生き抜くにはどのような勉強法が必要か?
    今必要とされるのは、単に知識情報を仕入れるだけではなく、その知識の中に巧みに織り込まれた情報操作にだまされないかしこさを身につける勉強法である。
    気鋭の臨床社会心理学者で“勉強法の達人”が「だまされやすいバカ」の道を歩むことをすすめる暗記一辺倒の勉強からうそ、ごまかしに引っかからない「したたか系」の養成をめざした今もっとも旬な勉強法。

    [ 目次 ]
    序章 暗記型勉強法では勝ち抜けない
    第1章 二十一世紀は良質の情報がなければ生き抜けない
    第2章 良質で役に立つ情報を集める方法
    第3章 本や雑誌の上手な活用法
    第4章 柔軟な思考法・発想法を身につける方法
    第5章 本物の「決断力」をつける方法
    第6章 論理的な思考力と表現力を身につける方法
    終章 情報力の勝負で差をつけろ

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • なかなかです

  • 勉強の原則論が書かれており、目新しいことは特に書いてあるわけではない。結局、この手の本を何冊読んでも頭が良くなるわけではない。ただ、自分のやり方を整理することができるし、勉強のモチベーションアップに使うことはできるだろう。

  • 「甘え」を捨てることが発想法、思考法の第一歩という指摘は鮮やか。
    過去の著者の勉強法関連の著書と重複する部分もあるが、全体としては良質なノウハウ本として仕上がっている。
    2008.11.8購入、2008.11.9.読了

全5件中 1 - 5件を表示

「勝ち抜く大人」の勉強法 (新書y)はこんな本です

ツイートする