「こころ」はどこで壊れるか―精神医療の虚像と実像 (新書y)

  • 65人登録
  • 3.88評価
    • (7)
    • (8)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 洋泉社 (2001年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896915303

「こころ」はどこで壊れるか―精神医療の虚像と実像 (新書y)の感想・レビュー・書評

  • 「久しぶりに「この人すごい!」と思う方に出会いました。」と最初に読んだ当時感じたのですが、内容をすっかり忘れてしまったので改めて読み直そうと思っています。
    books174

  • 凶悪な犯罪があるたびに心理学者がえらそうにで出てきて
    心が壊れているだの言う。

    著者は心理学者としての立場から「こころ」とはどういうものかを説き、『「こころ」が壊れている』とはどういう状態なのか語る。

    「こころ」とは他者との関係においてバランスを取りながら成立しているため、「こころ」を持っている者の思い通りにいかないものである。

    つまり、『「こころ」が壊れている』状態とは他者とのかかわりの中でバランスが崩れた状態のことを言うのである。

    この考えには納得せざるを得なかった。
    確かに、「こころ」とは思う通りにいかないもので他者とのかかわりの中で簡単に崩れるものである。

    つまり、誰もが『「こころ」が壊れる』状態になる可能性があるということである。

    凶悪で猟奇的な犯罪や、少年犯罪がある度に「こころ」の問題としてメディアは取り上げるが
    少年犯罪は凶悪犯罪は戦前から確実に減っている。

    相対的な割合が増えてしまっているだけで
    絶対的な犯罪数は減っているのである。

    ここで、心理学者たちはいろいろな病名をつけて犯罪者を分類していく。

  • [ 内容 ]
    精神科医は本当に「こころ」の専門家なのか?
    青少年の不可解で凶悪な事件が起きると、マスコミは精神科医という識者を登場させ、コメントを求める。
    あれは精神異常=頭がおかしい人間の犯罪だ、と。
    一般人の不安をなだめるための、この「正常‐異常」の線引きは、あまりにも安易と言っていい。
    こうした風潮に対し、木村敏・中井久夫の道統を継ぐ練達の臨床精神科医が、「こころ」とはなにかから時代の病態まで、精神鑑定から「脳」と犯罪の問題まで、さらには昨今の青少年の社会的引きこもりから拒食症・過食症・家庭内暴力まで、きわめて今日的な問題に果敢に発言する刺激的インタビュー集。

    [ 目次 ]
    序章 「こころ」とはなにか
    第1章 「こころ」はどうとらえられてきたのか
    第2章 DSMは「分類」のためのマニュアルにすぎない
    第3章 精神医療と犯罪
    第4章 発病と診断と治療をめぐって
    第5章 思春期犯罪の神話はがし
    第6章 思春期問題への家族論的アプローチ
    終章 「こころ」はどこで壊れるか

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 読了 1回 (うっすら2回)

  • こころが病んでいる、安易に考え過ぎてはいけない。個性と考えるか、病気と考えるか…難しい線引きだ。

  • 人間の「こころ」というものについて精神科医がやさしく語った名著。

全6件中 1 - 6件を表示

「こころ」はどこで壊れるか―精神医療の虚像と実像 (新書y)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「こころ」はどこで壊れるか―精神医療の虚像と実像 (新書y)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「こころ」はどこで壊れるか―精神医療の虚像と実像 (新書y)を本棚に「積読」で登録しているひと

「こころ」はどこで壊れるか―精神医療の虚像と実像 (新書y)はこんな本です

ツイートする