クラシック批評こてんぱん (新書y)

  • 31人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (12)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 鈴木淳史
  • 洋泉社 (2001年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896915563

クラシック批評こてんぱん (新書y)の感想・レビュー・書評

  • 明治時代までさかのぼってクラシックの音楽批評を引用し、あれこれ感想を言う。はるか昔の批評表現を読めて面白かった。

  • 先日読了したコリン・ウィルソンの音楽批評にもつながるところがあり、なかなか興味深く読んだ。
    「作品を批評するにあたっては、書き手の自我を通すことなしに、表現することは不可能なのである」という言葉や、「谷崎潤一郎が『文章読本』で言っているように、「鯛のうまみを味わうのに、鯛という魚を科学的に分析しても仕方ない」のだ。(…)まず、鯛がうまいという自分の存在、これがなくては。」などの言葉は、批評というものの本質を言い得ていると思われる。

  • [ 内容 ]
    吉田秀和、宇野功芳、黒田恭一、志鳥栄八郎から、コンサートチラシ、インターネット・サイトまで。
    並み居る批評を笑いとばす異色のクラシック文章「毒本」。

    [ 目次 ]
    第1章 クラシック批評、読めば読むほど…
    第2章 音楽批評をとことん面白がる―音楽批評の仕組みの考察
    第3章 音楽批評から時代の気配を読む―日本音楽批評史私観
    第4章 サルだと書けない音楽批評―音楽批評実践講座
    第5章 クラシック批評との付き合い方―美しい日本の批評

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

クラシック批評こてんぱん (新書y)はこんな本です

クラシック批評こてんぱん (新書y)の文庫

ツイートする