「心の専門家」はいらない (新書y)

  • 193人登録
  • 3.61評価
    • (16)
    • (21)
    • (45)
    • (2)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 小沢牧子
  • 洋泉社 (2002年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896916157

「心の専門家」はいらない (新書y)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 081230購入。090102読了。
    「心の専門家は必要か?」「治すとはどういうことなのか?」
    著者は臨床心理学「論」者の立場から、現代社会に蔓延る「心理主義」の問題や、カウンセラーの必要性などを本著で懐疑的に考えていく。
    たしかにある時期から「心」というものがやけにクローズアップされてきた感がある。長年、科学や哲学で、近年は主に脳科学の領域でその研究対象とされてきた「心」は、そもそも対象としてすら定まっていない。概念なのか実体なのか、「心」とはどこにあるのか、「心」とは何なのか、漠然としたこの対象物を良く言えば「治療」、悪く言えば「商売」のために扱っているのが臨床心理士たちである。カウンセラーと相談者の「やさしい権力関係」、問題を個人に還元することで背景や環境を無視し根本的な解決にならないこと(例えば、不登校とは悪いことなのか。不登校児個人の問題に還元してしまえば、学校という制度の欠陥が見えなくなってしまう)、「関係」は生き物で、制度と相性が悪いこと。心理学の理論と実践、両方からの問題の検討はわかりやすい。身体的な怪我や病気において人間に自然治癒能力が備わっているように、「関係」から発生した問題はゆっくりと「関係」によって戻していく。何かあったらすぐ専門家に頼るのでなく、日常を復権すべきというのが著者の主張である。

  • カウンセラーについて,マイナスの側面について書かれている本です。
    一般的に,カウンセリングは必要とされており,カウンセラーは人気の職種です。しかし,カウンセリングを行うことで問題の本質を覆い隠してしまうことになるという視点も重要です。カウンセラーについて,そんな視点もあるよという意味で重要だと思います。

  •  
    ── 小沢 牧子《「心の専門家」はいらない 200203‥ 洋泉社》新書y
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4896916158
     
    ♀小沢 牧子  心理学 19370618 北海道 /俊夫の妻/旧姓=下河辺 孫一の次女
     
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/19350901
     小澤家の人々 ~ 金脈・名脈・血脈 ~
     
    (20150124)
     

  • 筆者の言うように、何かことがあるたびに、「心のケア」が強く叫ばれるのに違和感があった。
    そんな疑問に答えてくれたのが本書。

    カウンセリングによるケアで、救われる事もあるかもしれないが、問題の本質的解決にはならない。確かに欧米では、カウンセリングによる問題解決が根づいているのかもしれないが、何でもアメリカ流は如何なものか。

    一度、業界(カウンセラー)ができてしまうと中々解体は難しい。後は、利用者がしっかり声を上げるのと、行政が安易にその業界を使わないのが望ましいと思う。

  • 学校で何か事件・事故が起こればたいてい「心のケア」のため「専門家」が派遣される。気をつけて聞いていれば「そんなことにまで」と驚くような細々としたことに「心のケア」が叫ばれる。
    心のケアと称する専門家の介入は、考えてみれば、感情や、人間関係、あるいは人生そのものの「アウトソーシング」ではないだろうか?ぼんやりとそんなことを考えていた矢先、店頭で本書を見つけ手に取った。
    本書に批判的な人が言うようにカウンセリングにすくわれる人がいるのはわかる。ただ、それが行政や国からオートマティックに派遣されてくるような性質のものであることにひどく違和感を覚えるのだ。「制度」は供給側の発想であり、需要よりも先んじて「業界」を形成する。「業界」は安定した就労確保を目指す。そこにケアされるべき一人一人への眼差しはあるか。

  • 主張のすべてに賛同はできないけど,
    視点は興味深かった。

  • 本書の題名を問い?ととるならば、応えはYes!必要であろう、ということだ。ただし、時と場合によるだろう。
    カウンセリング(を行う人)の是非を問うものである。カウンセルを求める人たちには必要だが、学校には必要なさそうである&PTSDに関しては時と場合によるだろう。心の問題を取り扱うためには⇒専門的な教育+相談経験がある+専門化が対応するべし、という社会通念である。現在(2012)では、医療検査技術の発達により、視覚化できるところが増えてきたようだ。
    「心の時代」と言われた、時代があったが、心も商品化されるものだと、今になって認識した。どういった経緯、背景があったのかはよくわからないが、狂気の犯罪が発生するたびに、心を直す@正す、ことが注目される。カウンセラー(対犯罪者)はすべての正義なのだろうか?少年犯罪にとっての大きなポイントになるが、匿名性=すべてを公開する必要性はない。
    心の病?平和すぎる時代背景があるのだろう。

  • タイトルにひかれて読んだ。

    「カウンセラーの人でも相談しても無理だったんで、何を言われても無理だと思います。」
    実際にカウンセリングを受けている人の言葉。

    この言葉にひどく違和感があった。
    カウンセラーって何者なんだ?
    何か宗教的なものを感じた。

    本著において著者は
    心の専門家たちのカウンセリングの手法をわかりやすく説明し、そこに「するーされる」の関係があると説く。

    一般にカウセラーに求められる
    個人の悩みに対する解決策など
    彼らは提示しない。

    そこにあるのは原因のすり替えである。
    こどもに「痛いの痛いの飛んで行け」となぐさめるように
    原因は解決されていない。
    そこに解決法はない。

    阪神淡路大震災においてしきりに心のケアが騒がれたが
    被災者たちが求めていたのは心のケアではない。
    安心して生活できる場所を求めていたのだ。

    体育館で雑魚寝をしている避難者に
    1時間でも家族だけで過ごせる時間や
    安心して寝れるスペースを与えるべきで

    心のやり取りは家族やご近所さんとしていくもので
    被災地に心のケアをしにくる専門家など
    当時の神戸に必要なかったのだ。

  • 3・11の被災者に関する報道で、被災地の学校に「心の専門家」の派遣をと書かれていたものが多かった。
    この本が書かれた当時よりもその傾向は一層進んでいる。

  • 心理学の中でも、カウンセリングについて重点的に書かれてある印象。専門性の弱点が挙げられている。ただ具体的に打開策みたいなものは書かれていなかった。
    「人と人とのつながり」「なじみ」に関しては同意見。

全29件中 1 - 10件を表示

小沢牧子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

「心の専門家」はいらない (新書y)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「心の専門家」はいらない (新書y)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする