大江戸残酷物語 (新書y)

  • 62人登録
  • 3.71評価
    • (7)
    • (10)
    • (17)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 氏家幹人
  • 洋泉社 (2002年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896916409

大江戸残酷物語 (新書y)の感想・レビュー・書評

  • 歴史を考察する上で、教科書的な為政者の行動、網野氏のような民衆の生活、三田村氏のような芸能など色々と考慮に入れていくことが大切だと思います。表立って議論されない裏社会も視野にいれていかなければ、歴史は見えてこないのではないと感じます。
    第4章の血達磨伝説の「同性愛から異性愛へ」の章は、井上章一氏の文章のようで著者がのっているように感じます。
    気になったことがあります。
    第7章の中の「塩漬けは重罪に限る」のなかで車善七のことが出てくるのですが、山田洋次監督の「男はつらいよ」の主人公の寅さんのことです。
    調べてみると、山田監督は、「車寅次郎」を車善哉七を参考にしたとのこと。色々な意味で考えさせらました。

  • 以前読んだ『日本死刑史』の方が残酷で、命の軽さに驚かされます。どうしてもそちらの本と比較してしまうことになりますが、『日本死刑史』には無くて『大江戸残酷物語』本書にあったものが『塩詰め』というもので、既に死んでしまった罪人を保存するために行った行為(判決が出るまで死体を保存するため)には驚かされます。
    罪人に対しても情けはあったようで、死体の試し斬りや解剖を禁止していたというのは、『死んで罪を償ったのだから、死体にまで手をかけるのは忍びない』という感情には、現代人との感性の違いが現れます。特に死体を解剖するのは試し斬りよりも厳しく禁止していたというのには、現代人からすればなかなかに理解し難いでしょう。だって現代では罪人でなくても、事故死やら病死でも解剖しますから、そのあたりが現代と全然違います。
    まぁまぁ面白かったのですが、これといった印象的なものは少なかったので、僕の評価はA-にします。

  • だいぶ世に中が変わったな。
    たった100年くらいで。

  • 処刑や切腹にまつわる諸々はもちろん、当時江戸の一般的な町人たちがどのような犯罪を犯していたか、あるいはその犠牲になったかというのが窺え面白かった。流血沙汰への好奇心も含めた人々の息づかいが感じられる。また扉絵に使われている試し斬りの図解がなんともコミカルで味わいがあった。

  • し・・・塩漬けとか、運よく火葬場で起き上がっても・・・怖。

  • 非常に興味そそられるもので、残酷と言葉の意味さえも考えさせられる内容でした。江戸時代から明治までの事件、背景を中心に紹介されていて、明るい面ばかりじゃない江戸時代をまさに映し出してくれる一冊です。

  • 江戸時代の死体の有様がよ〜く伺えて実に興味深い。

  • 残酷って言うほど残酷な話は載ってないです。むしろ江戸時代の人間の発想の突飛さに感心しました(^^;

全11件中 1 - 11件を表示

大江戸残酷物語 (新書y)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

大江戸残酷物語 (新書y)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大江戸残酷物語 (新書y)を本棚に「積読」で登録しているひと

大江戸残酷物語 (新書y)はこんな本です

ツイートする