出会い系サイトと若者たち (新書y)

  • 10人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 渋井哲也
  • 洋泉社 (2003年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896917512

出会い系サイトと若者たち (新書y)の感想・レビュー・書評

  • 丁寧な取材の上に考察を重ねているので、納得性が高い。ただ、読む時期が遅すぎたか。

  • [ 内容 ]
    インターネットや携帯電話で見知らぬ者同士をつなげる「出○い系サイト」などの匿名メディアがいま急速に広まっている。
    そこには、人に言えない悩みや「生きづらさ」をかかえ、癒しや救いを求めてアクセスする人がいる。
    時には、援○交際(児童買○)、殺人事件、ネット心中など怪しげで危険と隣り合わせの世界でもある。
    なぜ彼らはさまよい、そこに魅入られるのか?
    若者への直接取材で生の声を伝え、拙速な法の規制がかえってアンダーグラウンド化を促し、危機が深刻化する危険性を警告する。

    [ 目次 ]
    第1章 「出○い系サイト」とはなにか?(出会い系メディアの変遷 「出○い系サイト」とはなにか? ほか)
    第2章 「出○い系サイト」を利用する若者たち(サクラが見た「出○い系サイト」―りさの場合 結花の場合 ほか)
    第3章 「出○い系サイト」関連事件簿(「出会い系サイト」関連事件が増加傾向!?
    携帯電話からのアクセスで事件に巻き込まれる!? ほか)
    第4章 「出○い系サイト」規制のなにが問題か?(奪われた「子どもの意見表明」の機会 そもそもなにが有害なのか ほか)
    最終章 「出○い系サイト」のゆくえ

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

出会い系サイトと若者たち (新書y)を本棚に登録しているひと

出会い系サイトと若者たち (新書y)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

出会い系サイトと若者たち (新書y)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

出会い系サイトと若者たち (新書y)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

出会い系サイトと若者たち (新書y)はこんな本です

ツイートする