〈映画の見方〉がわかる本80年代アメリカ映画カルトムービー篇 ブレードランナーの未来世紀 (映画秘宝コレクション)

  • 500人登録
  • 3.95評価
    • (59)
    • (60)
    • (64)
    • (2)
    • (0)
  • 51レビュー
著者 : 町山智浩
  • 洋泉社 (2005年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784896919745

〈映画の見方〉がわかる本80年代アメリカ映画カルトムービー篇 ブレードランナーの未来世紀 (映画秘宝コレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この監督(クローネンバーグやR・スコット他)たちの映画ファンなら裏話盛り沢山で面白いんだろうけど、あまり観てない作品ばっかりだったので、内容が私にはコアすぎた。

    でもこの著者の本はただ読むだけでも面白い。

  • 考え方がかわった。監督たちの価値観 に驚きの連続。作品の解説もよかっ た。勉強になった。

  • タイトルで「ぬぬッ!」となった。

    未来世紀?ブレードランナー?
    これはもしや!!!!

    本屋で手に取って興奮した。
    そう、映画の本だ。
    しかも、観たことのある映画ばかり。

    ビデオドローム
    未来世紀ブラジル
    ターミネーター
    ブレードランナー
    プラトーン
    などなど!

    しかも帯には「映画がわかるってこんなに愉しいことなんだ!」って書かれていて、まさにその通りだった。

    この本はその映画を解説付きで観ているような気分にさせられる。良いとか悪いとかの評論ではなくて、このとき監督はこんなことを考えていたとか、製作に至るまでの背景とか、このシーンはあの映画に影響されているとか、もう興味深いことが詰まっている!!!

    今思い返せば、映画に興味を持ったのは「死霊のはらわた」からだ。初めてあれを観たときはなんてチャッチイ映画だろうと思ったが、おかしなことにまた観たくなるのだ。

    いつしか地を這いずり回るようなカメラの移動方法やテンポが良く飽きさせない演出にくぎ付けになっていた。

    低予算の映画でもこんなに面白いものがあるのか。
    もっと映画を観てみたい。

    父がどこへも連れて行ってくれない休日は、母が映画館に連れて行ってくれた。昔の映画館は、満席でも客を詰め込んで立ち見をさせていた。それでゴジラを観て怖くて泣いて、映画が終われば併設されたドンキホーテでハンバーグを食べて、バスに乗って帰るのだ。

    両親のおかげで休日はいつも楽しみだった。

    それは人生観にも表れていて、どんなに辛い日々が続いてもいつかは楽しい日がくるだろうと思える。子供の頃の休日のように。

    子供ができたら映画館に連れて行ってあげたいものです。

  • 80年代にハリウッドで勃興したニューシネマの作家と作品の背景のハイコンテキストを解説してくれる本。子供の頃に「アメリカでヒットしたから」という理由でなんとなく見た映画(グレムリンやロボコップ、ターミネーター、プラトーン)、あるいは少し大人になってツタヤのカルトムービーコーナーで見た映画(ブレードランナー、ブルーベルベッド、ビデオドローム)などの作品が実はこういう監督によって、こういう文脈で描かれていたのか!ということを、「ポストモダンとはなんぞや?」というテーマを共通に莫大な薀蓄を混ぜながら描いてくれる、なんというか実に教養深い本であり、一度見た映画の感想の再構築にはもってこいの本である。

    圧巻の章はロボコップ、ポール・ヴァーホーベン編。作る作品がどうしてもエログロナンセンスの超問題作となって(でも大ヒット)、全く母国(オランダ)の間尺に合わず、追い出されるようにハリウッドに行ったヴァーホーベンは、"グレートウォリアーズ"という中世ヨーロッパの騎士道物語を見事にエロとグロの地獄に突き落としてしまう。(これを見たスピルバーグは、スターウォーズ3の監督をヴァーホーベンで推薦しようかと思っていたのだが躊躇してしまった)。そんな中でロボット刑事が悪人を退治するという実に三文劇このうえない脚本の映画化の話がヴァーホーベンに来るのだが、「バカにするな!」と脚本を捨ててしまう。だが妻の「読んでから捨てれば?」との一言で一転、この映画の製作を引き受けることになる。結果としてはレーガン政権への皮肉たっぷりな(これは他のニューシネマ系映画にも通底する)、なんとも不気味で小気味よいエンターテイメント作品に仕上がって大ヒット、ヴァーホーベンも一躍ハリウッドの一流監督入りをした。

    とまあ、こんな感じの才能をもった変態がハリウッドにケンカを売って大成していく物語が全八篇ありとても楽しめる。そして、これら跳ねっ返りであったり、ド変態な才人たちを最終的には飲み込んでビジネスにしていってしまうハリウッドと言うプラットフォームの力強さしやたたかさを感じずにはいられない内容となっている。映画をコンテキストで楽しみたい、訳知りで語りたい人にはオススメの本です。

  • 刺激的で快楽的な読書になる。
    あらすじを振り返りながら映画製作の挿話や薀蓄を詰め込んだ読み物。
    これを読むこと自体がひとつの娯楽になる、映画評論としてはスタンダードなもの。
    ああ。クローネンバーグとリンチを見直したくなったなぁ。

  • 町山氏の映画評には愛を感じます。

  • 町山の映画評論は切れがいい。ちょっと、そこまで知りたくなかった、という裏話的なところまで出てくるが・・・。
    「ブレードランナー」ってやっぱりすごい映画。

  • 前作に比べると映画本編の時系列に沿った作品内容の説明が多い
    まあそれだけマニアックな作品紹介?
    でも自分は全作品見ているなあ

    22 マクルーハンがモデル。ビデオドローム
    34 テレビ伝道師
    51 ギズモ、スピルバーグの犬をモデル

    93 アイアン・ジム、キャメロンのこと
    94 エリスンとの裁判で負ける
    104 ギリアム、米国嫌いの米国人。デモの傍でで殴られ失神
    106 虹を掴む男

    108 漫画家出身、フェリーニ、ギリアム
    111 ギリアム、黒澤ファン
    118 リドリー・スコットの裏切り、改変問題

    127 NY出身で本を読む兵隊はオリバー・ストーンだけ
    129 ベトナム帰還兵への扱い
    136 キツイキャンプで俳優訓練

    178 ジキル博士とハイド氏
    190 ターキッシュ・ディライト、バーホーベンの「危険な愛」
    195 絵コンテ書いて画面設計する、スピルバーグとバーホーベン。それまで画面作りは撮影監督の領分

    211 ジュリアードの振り付けの教授がロボコップに動きつける
    212 カットは短く短く。3秒は長すぎる
    215 マーフィーはキリスト
    217 復習の天使、生殖器のない存在、ボッディンと怒鳴りあいながら造型

    226 コンラッド好き?リドリー
    270 LAのブラッドベリービル、ダウンタウンにある
    283 ポストモダン

  • いつから映画を見なくなったのだろう。映画が大好きだった熱い気持ちを思い出した。世界を知るために、人の心と知るために、知らないことを知るために、楽な映画だけじゃなく、心に突き刺さる映画にも目をそむけず食らいつこう。

  • 町山さんの本に、はずれなし

全51件中 1 - 10件を表示

町山智浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
東野 圭吾
吾妻 ひでお
中原 昌也
ウィリアム・ゴー...
町山 智浩
コーマック・マッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

〈映画の見方〉がわかる本80年代アメリカ映画カルトムービー篇 ブレードランナーの未来世紀 (映画秘宝コレクション)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

〈映画の見方〉がわかる本80年代アメリカ映画カルトムービー篇 ブレードランナーの未来世紀 (映画秘宝コレクション)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

〈映画の見方〉がわかる本80年代アメリカ映画カルトムービー篇 ブレードランナーの未来世紀 (映画秘宝コレクション)を本棚に「積読」で登録しているひと

〈映画の見方〉がわかる本80年代アメリカ映画カルトムービー篇 ブレードランナーの未来世紀 (映画秘宝コレクション)の作品紹介

『ブレードランナー』の何が「二つで充分」なのか?『イレイザーヘッド』の赤ん坊の正体はウサギ?『ビデオドローム』の変態テレビ局は実在した?『未来世紀ブラジル』はなぜブラジルなのか?80年代に狂い咲いた映画作家たちの真実。『映画秘宝』連載の「Yesterday Oncemore」に大幅加筆の決定版。

〈映画の見方〉がわかる本80年代アメリカ映画カルトムービー篇 ブレードランナーの未来世紀 (映画秘宝コレクション)はこんな本です

ツイートする