ボトルは語る―ものがたりをデザインする

  • 15人登録
  • 2.83評価
    • (0)
    • (0)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 三石博
  • 六耀社 (2014年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784897377858

ボトルは語る―ものがたりをデザインするの感想・レビュー・書評

  • 【配置場所】工大特集コーナー【請求記号】 675.3||M
    【資料ID】91151043

  • ガラスを使ったデザインって、相当大変そうである。そこに知識と経験が必要になってくる。

  • 著者は一貫して、ボトルのデザインを行っている人物である。
    焼酎の神の河から始まったそのデザインのキャリアとものづくりにこだわる姿勢を綴っている。
    ボトルデザインにおけるこだわりやストーリー性の与え方、それをデザインにおいてどのように表現するかなど、新しい視点でものを考えさせてくれるいい内容だった。
    神の河はたしかに前から際立ったボトルであるとは思っていたが、このようなコンテキストを知ると、また楽しみ方が変わってくるものだ。
    酒は嗜好品であるが故に、このようなブランディングは必須であると思う。
    僕はウイスキーをよく飲むのだが、あるウイスキーBarに行くと変わった入れ物が多く展示されていたりする。
    それは各種のイベントだったり限定制作だったりするが、非常に独創性豊かなユニークなものばかりだ。
    また、テキーラなどは非常に面白い容器が多い。これは国の文化によるところが多いのだろうが、画一的なデザインの日本との対比が面白い。
    様々な視点で酒の入れ物を見る、デザイナーとして商業デザインにどのように向き合ってきたのかを見るのも興味深い1冊であった。
    中途半端はダメだと思ったので、妥協せずに色々とこだわっていきたい。

    ■目次
    プロローグ あるまじき社員のつぶやき
    第1章 「神の河」は、僕の原点である
    第2章 ボトルデザインに目覚める
    第3章 すべてはストーリーから始まる。
    第4章 時代が生んだデザイン
    第5章 ブランドは「こだわり」
    第6章 ガラスに魅せられて
    エピローグ 主張はあるか

全4件中 1 - 4件を表示

ボトルは語る―ものがたりをデザインするの作品紹介

すべては「神の河」のボトルデザインから始まった。ボトルに魅せられて26年。市場に媚びずに自らの信じる道を走り続ける反骨インハウスデザイナーのモノづくり論。

ツイートする