51歳からの読書術―ほんとうの読書は中年を過ぎてから

  • 74人登録
  • 3.43評価
    • (4)
    • (8)
    • (12)
    • (4)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 永江朗
  • 六耀社 (2016年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784897378251

51歳からの読書術―ほんとうの読書は中年を過ぎてからの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ぼくはすでに65歳を越えているのに、「51歳から」というタイトルに惹かれて買ってしまった。年を取って眼も悪くなってきているのに、読みたい本はいくらでもある。これまで買って積ん読になっている本を読めばいいものを、新刊が出るたびに面白そうだと思ったら買ってしまう。だから、このタイトルは身に迫るものがあった。読書術とか読書論と名のつくものを読むのも好きである。昔なら、紀田順一郎、谷澤永一、立花隆、近くは鹿島茂や斉藤孝などがぼくが好きな読書家である。永江さんの本を読むのは初めてだが、とても共感をもって読んだ。ぼくは歴史上の人物を見るときに、すぐいくつで死んだかを見る。70、80と長生きした人もいるが、概してみなさん若くして亡くなっている。作家もそうだ。永江さんの言うように漱石などは49で亡くなっている。ぼくは家に今は亡き父といっしょに読もうと共同購入した(ぼくがいくら出したかは忘れたが)漱石全集がある。50に満たない生涯で、よくあれだけのものが書けたものだ。畏るべきことである。本書で興味を引いた一つは、その年に読む本のテーマを決めるというエッセイだ。新刊で買っても、読まずにおいておくとやがて興味が薄れてしまうことが多い。斉藤孝さんが買った本はすぐ読めと言っているのは正解だ。この読み方は立花隆さんのように、一字一字読むのではなく、頁をなめるように読んでいくのである。そうでなければ、あれだけの本を読むことなどできない。だから、永江さんが一年間同じテーマで読書を続けるというのはたいしたものだと思う。永江さんの知り合いのだれかがいつもカバンに2冊本を入れておくというのもよくわかる。つまり、ひょっと時間ができたときに本がないと,禁断症状に陥るのである。そんなときこそ思索すべきだというかも知れない。中国古代の賢人も読むだけで考えないのは危ういと言っている。しかし、この禁断症状はよくわかる。ベストセラーは買わず、文庫が出てから待てというのもわかる。ただ、ぼくはあまり文学書を読まないから、これはあまり関係がない。文学館の効用というのは実感する。以前伊東に遊んだとき、木下杢太郎記念館を訪れ、そのあと木下杢太郎の評伝を読んだりしたが、この春(2016年)も萩の隣の仙崎の金子みすず記念館を訪れ、金子みすずにはまってしまった。などなど、共感するエッセイがいっぱいだ。51からだと、おそらくまだまだ読書はできる。しかし、65を越えると、このあとどれだけ読書ができるのか、いろんな制約が出てきたとき、なにを優先して読むべきかなども考えざるを得なくなる。

  • 図書館がやたら本を寄付されても迷惑というのを書いてくれてよかった。
    特に51歳からという意味は感じられない。
    あと、中年はともかく、50歳を過ぎて初老と言ってはダメだ。言葉を扱う人間なら、もうちょっと調べて。

  • 読書術という題名だが、本に関するエッセイ集のようなもので、殆ど役に立たないし、内容的にも面白くない。当たり前の事しか書いてなくて、人生経験も感じられない。ここまで凡庸な読書本もある意味珍しい。

  • 著者の永江朗は、法政大文学部哲学科卒業後、洋書店勤務、雑誌『宝島』などの編集・ライターを経て、1990代からフリーのライターとなり、現在は「週刊朝日」等の雑誌で書評やコラムも連載している。
    本書は、1958年生まれの著者が、幸若舞の「敦盛」で歌われる「人間五十年」を超えて(夜の京浜東北線で20台の女性に席を譲られて、とまどった話は笑える)、「そうか、こういうことだったのか」と思った、若者にはまねできない読書について、徒然に語ったものである。
    私も言うまでもなく50歳を越えた本好きのひとりであるが、物書きたる著者の本・読書に対する視野はさすがに広く、「確かにそうだよな」と実感できることに加えて、新たな発見もとても多かった。
    50を過ぎて和歌や監視が面白いと感じるようになった/歳をとって時代小説や歴史小説の楽しさに気付いた/何を読むか迷ったときは、ベストセラーよりも文学賞受賞作(それも、芥川賞や直木賞より、野間文芸賞、谷崎潤一郎賞など)/1年間のテーマを決めて読むのも面白い/日本の近代出版史上最高の発明品とも言える「新書」の中でも最大のお勧めは岩波ジュニア新書/今の自分の年齢で死んだ作家の本を読むのも面白い(山田風太郎の『人間臨終図絵』は、歴史上の著名な人々の最期が死んだ年齢別に紹介されており、便利)/ブックガイドは、著者の特色が出ているものなどは面白い(人文書院の『ブックガイドシリーズ 基本の30冊』など)/哲学書は、20台に読んでピンとこなかった文章が、50台でスラスラ読めてしまうこともある/文学全集は、選者の特色が出ているものなどは面白い(池澤夏樹個人編集の「世界文学全集」、「日本文学全集」など)/岩波少年文庫は大人が読んでも楽しめるものが少なくない/絵本にも大人に勧めたいものも少なくない(子供の頃に読んだものを再読するのもいい)/あのとき(お金がなかった若い頃)買っておけばよかったと思う写真集がたくさんあるが、今では入手できないものも多い/漫画を大人買いするのもいい/山川出版社の『詳説世界史』、『詳説日本史』、筑摩書房の『ちくま評論選~高校生のための現代思想エッセンス』、『ちくま評論入門~高校生のための現代思想ベーシック』など、高校生向けの教科書・参考書には安価で非常に充実した本がある/そのほか、電子書籍、古本屋、地図、文学館、図書館の利用法など。。。
    私は、本書を読了した後、早速神保町で『ちくま評論選』と『ちくま評論入門』を購入してしまったくらいである。
    おじさんに限らず、若い本好きにとっても、肩肘張らずに読める、楽しい読書術である。
    (2017年6月了)

  • 永江朗さんの「51歳からの読書術 ほんとうの読書は中年を過ぎてから」をタイトルに惹かれて読んだ。

    人生も後半。これから先、何冊の本が読めるか?は、最近ふと考えたことと同じ。

    本書は何かに定期連載していた読書に関するエッセイをまとめたものなのかと思う。

    著者は元書店勤務とのことで、前半は書店、出版業界寄りと感じる所がおおかったが、後半はパーソナルな話題も入ってきて、この人自分に考え方や、趣味が近いかなと思った。

    これからも沢山読んで行きたい。

  • 人生経験を積んだ時期しか理解できない本があるという。15歳が読む青春小説と51歳が読む青春小説は違う。お気に入りの小説を毎年繰り返して読み返してみたら、自分の捉え方に変化が感じられて面白いかもしれない。

  • 15歳が読む青春小説と、51歳が読む青春小説は同じだろうか。違うだろう。51歳の読書には51年の人生がフィルターの役割を果たす。51年の人生経験を通じて本を読むことになるのだ。人生は51歳からと小林信彦は言った。ある程度経験を積んでからこそ人生は楽しいのだと。若いときは分からなかったことが中年になると分かる。「そうか、こういうことだったのか」と思うことも多い。

  • つまらない本に奪われる時間の方がもったいない

    一年間のテーマを決めて読む 安岡章太郎 講談社学術文庫の日本の歴史、世界の歴史

    日本の歴史、人類の歴史は愚行の繰り返し

    岩波ジュニア新書 岩田靖夫 ヨーロッパ思想入門

    テレビを捨てよう

    図書館にとって本の寄付はありがたくないようだ。

  • 永江さん、なんか波長が合うわあ。読んでいて、自分が興味がある、あったことばかりで、うんうん唸りながら読んでしまった。中高年読書、万歳。

  • 「死ぬまでにあと何冊読めるんじゃ、わしは!」と焦っていた事に恥じらいを感じていたのだけれど、素晴らしい同志が!。

    BBAになってよかったと思えるこの頃なので、
    「あ〜、この感覚わかるよー。」
    となる事多数。

    楽しく読めたなー。

    お友達になりたい。

全17件中 1 - 10件を表示

永江朗の作品

51歳からの読書術―ほんとうの読書は中年を過ぎてからを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

51歳からの読書術―ほんとうの読書は中年を過ぎてからを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

51歳からの読書術―ほんとうの読書は中年を過ぎてからを本棚に「積読」で登録しているひと

51歳からの読書術―ほんとうの読書は中年を過ぎてからはこんな本です

ツイートする