佐藤優のウチナー評論

  • 24人登録
  • 4.33評価
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 佐藤優
  • 琉球新報社 (2011年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784897421315

佐藤優のウチナー評論の感想・レビュー・書評

  • 佐藤さんが、琉球新報に連載されている「ウチナー評論」をまとめた一冊、
    収録期間は「2008年1月5日~2010年3月6日」と、結構なボリュームです。

    政治思想的に、保守そして右派を自認する佐藤さんが、
    沖縄に根ざした保守としての論旨を展開、、非常に興味深いです。

    確かに東京にいると、沖縄の言語空間は全体主義(≒左派)と、
    一方的なくくり方してしまうことが多いですが、決してそうではないと。

    任意の「点」を中心として俯瞰すると、、各人がそれぞれ還るべき場所を守る、
    この思いは総じて「保守的」であり、右派にもつながっていくのかなと。

    とまぁ、いろいろと反省させられました、、やはり各地の言語空間は、
    その地域に行かないと見えてこない、、私の場合は三重になるのかな。

    佐藤さんと同様に、私は生れは三重でも育ちは東京で、三重での生活体験はありません。
    それでも両親から折々に聞かされていた故郷の話は、原風景にあると思います。

    ん、今更ながらに「民族」というものを見つめ直したくなりました。
    そして、日本は単一民族ではない、これをあらためて実感する必要があるかなとも。

    古くは出雲の系譜(国津神)に、諏訪で語り継がれる物語たち、、
    「まつろわぬ民」とも言われた東北(蝦夷)、そして、沖縄(ウチナーンチュ)。

    全てをを併せ呑むかのような「大きな物語」が必要とされている、そう感じます。
    ニライカナイ等の概念をみると、死生観等々を共有できるとは思うんですけどね。。

    なんてことを、松岡さんの『3・11を読む』や柳田さんの『遠野物語』、
    同じく佐藤さんの『母なる海から日本を読み解く』を念頭にモヤっと。

    そして、久々に『宇宙皇子』を読み解きたくなりましたよっと。

全2件中 1 - 2件を表示

佐藤優のウチナー評論はこんな本です

ツイートする