お言葉ですが…〈11〉

  • 35人登録
  • 3.93評価
    • (3)
    • (8)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 高島俊男
  • 連合出版 (2006年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784897722146

お言葉ですが…〈11〉の感想・レビュー・書評

  • 週刊文春の連載は続きつつ、単行本としての出版は10巻をもって終了したこのシリーズ。
    読者からの反応は良くても本が売れないからという理由を聞かされ、初版4000部のうち1割はさすがに無理でもその半分はせめて自分で何とかしようと、自分で購入したという著者。
    しかしとうとう、雑誌の連載まで終了してしまいます。
    ということで、装丁は以前と同じままこの巻は連合出版から出版されました。

    “小生はヒマ族であるから、一日(起きている時)の九割は電話に出られる。一割くらい出にくい時がある。ところが電話というやつは、そういう時を狙って鳴り出すのだ。”
    あるあるですな。
    実家に電話すると、たいていなかなか繋がらない。
    日中→掃除してた
    夕方→買い物に行ってた
    夜→そろそろ寝ようと思っていた
    いつ電話したらいいのよ!

    最近「零」をゼロと読む人が増えていることについて。
    “「零」は、雨カンムリがついているのでわかるようにもともとは雨のしづくで、ひいて「小さい、僅少」の意にもちいる。しかしゼロではない。”

    「零」をゼロと読むようになったのは、ゼロ戦あたりが関係しているのではないかと、根拠もなく私はにらんでいる。
    だって、ゼロって英語だよ。
    なんで零をゼロって読むかなあ。

    “小笠原さんによると「ゼロ」を発明したのは昔のインド人で、サンスクリットでは「スンニャ」と言う。それを玄奘三蔵が「空(くう)」と訳したのだそうだ。
    「へえ。三蔵法師はなんでその『スンニャ』を『無(む)』と訳さなかったの?」と小生。
    「無と空はちがいます。1X(かける)無は1だけど、1X空は空ではありませんか」”

    東インドについて。
    イギリスの東インド会社って、インドの東部にある会社なのだと思っていましたが、正解は「ヨーロッパから見て東にあるインド」という意味で、現在のインドはもとより、その東の東南アジア一帯、フィリピンまでを含むそうです。
    まあ、インドシナの辺りがメインなんでしょうが。

    インドシナ→印度支那→印度と中国
    この辺までは以前自分で考えついたんだけど。
    印度より東、中国より南の場所をインドシナというのなら、つまりそれは東南アジアってことなのね。
    ずっと不思議に思っていたのよ。
    日本より西にある東南アジアは、どこから見た東南なんだろうって。
    東南にあるのではなく、東であり南にあるということだったのですね。納得。

    さて、今回の白眉は聖書の翻訳についてのさまざま。
    “「ゴッド」の日本語訳は「神」である。これは、日本人が「ゴッド」を「神」と訳したのではなく、中国で試みられた数多くの訳語のなかから「神」を取ったのである。(中略)しかし日本人は、「ゴッド」と、日本語の「かみ」とを同一視することには思いいたらなかった。「ゴッド」は天上にある唯一至尊のものであり、「かみ」は天上にも地上にも無数にいる種々雑多なものだったからである。(福の神、疫病神、かみなりさま、等々と)。”

    Godの訳語
    〈神、真神、神主、神天、天、神天上帝、天帝、天皇、天帝主神、神天大帝、天皇神主、天皇上帝、上帝、天上上帝、真神上帝、天上之上帝、天皇神父、上帝神帝〉など
    天主さまというのはカトリックのみの訳語。

    黙示録とはなんぞや?
    黙示って言葉は、いまや中国では使われていない。
    日本でも、キリスト教関係にしか使われない。しかも意味がつかみにくい言葉である。
    教えを伝えるための聖書なのだから、ここは啓示とかでいいのではという意見には納得。

    そして預言。
    神の言葉を預かり伝える=預言
    と、思っていましたが、「預ける」という概念は日本独自のものだそうです。
    日本語で預けるとひと言で言っても、外国語に訳す時はその都度適当な意訳を... 続きを読む

  • 予言、預言、豫言の話が面白かった。

  • 週刊文春で連載されていたエッセイの最終巻。突然の打ち切りそして文藝春秋社から刊行されなかったことは、大人の事情があるんでしょう。シリーズをずっと読んできましたが、今回も色々と納得させられること、スッキリすることがありました。

  • 「お言葉ですがの全巻の索引」が付いているだけでも、大きな値打ち有り。連合出版さんの熱意と丁寧さがそれだけでも伺えます。
     そして、相変わらずの高島節、この方の頭の中はいったいどうなっているのだろうと思うほどの「キレ味」が堪能できるのがうれしい。

  • あ〜あ、とうとう読んじゃった。「お言葉ですが」本編の最終巻。別巻を先に読んで、これはケチケチ少しずつ楽しんできたけれど、ついに終わりまで読みました。文春連載のこのスタイルが良かったんだよねえ。返す返すも残念至極。

    それにしても連合出版はエライ!ちゃーんと同じ装丁で出してくれて、全巻の索引付き。これは本当に便利でありがたい。あれどこに書いてあったかなと思った時に探すのが大変だったもの。感謝感謝。

  • 「預言」の話が面白かった。

全7件中 1 - 7件を表示

お言葉ですが…〈11〉の作品紹介

ますます好調。言葉をめぐる面白エッセイ。

お言葉ですが…〈11〉はこんな本です

ツイートする