いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~

  • 186人登録
  • 4.08評価
    • (12)
    • (20)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 谷藤賢一
制作 : 河原健人 
  • リックテレコム (2011年12月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784897978857

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
クリス・アンダー...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~の感想・レビュー・書評

  • 入口としては、ちょうどいい。
    これを読んでから進むと、次の技術書も理解しやすいと思う。

  • webアプリを開発したくて読んだ。
    わかりやすい。
    読みながら手を動かせば本当に簡単なアプリが作れる。

  • PHP初心者にわかりやすく丁寧に書かれている。

  • 評判高かったので、買ってみました。環境構築、マルチバイト文字、デバッグのヒントなどうまく盛り込んでいて、よほど根気がない人でないかぎり挫折しない工夫が随所に見られます。自分が、もし本書を一番最初にやっていたら、phpを嫌いにはならなかったかもしれません。

  • タイトルどおり初心者、入門向けでよかった。
    それでも途中わからないところがでて、専門の人に聞いたら感動した。
    早く、それなりに操れるようになりたい。

  • ホントに短期間(私は2日)で終わった。phpやsqlの概要を体験的に掴めた。楽しむことは重要!

  • PHP初心者でもプログラミングができました。初めの一冊にどうぞ。

  • 初心者にはとてもわかりやすい本。
    難しい内容を省きステップでPHPを動かせるようになるまでを解説している。
    これまで他の本で途中で挫折していたのだが、この本は最後まで読んでサンプルも作り上げることができた。
    本の中で難しいということで説明が省かれていて取り敢えず書き写すだけのコードもあるが、最後まで行けたということで、自信にはつながった。

  • 確かにこれではつまずかなかったけども、そのあとにやった本が本格的すぎて、つなぎにはならなかったのかな?つなぎの本が欲しかった。特にデータベースのところとか。マンガでわかるデータベースをちらっと読んだけど、それをやればスムーズにいけたかもと思う今日この頃。。。

  • PHP初心者の僕にも出来ました!
    ホームページっぽいものが作れる
    mysqlもかじれるのでちょっとお得
    レンタルサーバとか借りてみたくなる

  •  この本を読んだみなさんいったいこの後どのような本を参考にするのでしょう。

     これだけ初心者にしかも100%ソースを移すだけでOKとなると次に何をしたらよいのか分からなくなる。そこが少し残念

     これだけできてもなんでもできる力は備わっていないでしょう本当に著者はそう思っているのでしょうか?私には分かりかねます。
     
     でも、初学者の初学者にとっては本当に分かりやすいと思います。

  • 簡単でいいが、¥1890 というのが割高かも。

  • ほとんど知識はありませんでしたが、4時間ほどで1冊終えました。確かに情報量は少ないかもしれませんが、ゼロからの入門には最適かと。

  • いちばんはじめによんだPHPの本。

  • ワードプレスを構築する業務や独習phpという本で、変数、条件分岐、セッション、あたりまではネットでかいつまんだり、独学でできるようになりましたが、一般的な本だと、MYSQL(やオブジェクト指向、中盤)あたりから突如としてレベルが上がるため、入門書として購入しました。
    前半はPCの基礎も含む、総飛ばしでもよいような内容ですが、
    やはり、MYSQLのあたりからちょうど欲しいナレッジがでてきました。

    xamppのphpmyadminでDBを操作するところで、(xampp最新版は違うせいなのか、記入もれか、)rootのパスワードをphpmyadminの画面から設定する必要があり、これをしないとデータベースの作成の特権がなく、書籍に記載がないと、初学者ははまりそうです。(私もすっかり忘れてて若干はまりました。)
    xamppは1.77あたりからインストールもすごく簡単になっており、phpmyadminも3.4から画面がかなりきれいに変わっています。


    内容量からすれば、すこし値段がはるかもしれませんが
    DBに難しいイメージをもっていたため、
    それを崩すこと、入門の入門という意味では大変役に立ちました。

  • ほんとにほんとの初心者むけなのと、htmlもPHPもちょっとのじゃばすくも“そういうものだと思ってください”と書かれている部分がちょこちょこあるのでえぇ~とか思ったりするけど、どういうつくりになってるかを理解するにはいいと思う

  • PHPに興味を持ったプログラミング素人の初めの一歩向けだと思いました。
    とにかく難しいことをする前に「とりあえずPHPに触れてみる!」ということが目標かなと。
    これ1冊で出来るようになることは少ないです。
    ですが、これを1冊終えることで、プログラムに対する「よく分からない」という気持ちを軽減させ、次のステップへ進むことを容易にすることは出来ると思いました。

    たいがい、入門書を一冊終えるのは苦行のようです。
    分厚いし、素人には意味の分からない単語がズラズラ並んでいるし、絵も少ない。しかも高い。
    その点、この本はイラストも多く、字も大きいので非常に読みやすいです。
    導入にページを割き、PHPの解説はあくまで基本的なことにとどめているのも、
    対象読者を「まったくの初心者」に限っているからではないかと。

    ただ、やはり情報量が少ない。
    「これ1冊でPHPを全部分かろう」などと思って買うと損をした気持ちになるでしょうし、
    有る程度プログラミングを分かっている人が読むと「こんな基本的なことばかりじゃ役に立たない」と思うと思います。
    自分に合う本かどうか、書店で一度パラッと見てみた方が良いかもしれません。

    それと、本書はゴシック体か何かで書かれているようなのですが、
    肝心のプログラムまで同じ書体で書かれていて字の判別がし辛く(0とOや1とlと|など)、ちょっと読みづらかったです。

全18件中 1 - 18件を表示

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~に関連する談話室の質問

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~を本棚に登録しているひと

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~を本棚に「読みたい」で登録しているひと

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~の作品紹介

プログラミングは全く初めての人、他の入門書で挫折しちゃった人、つまづく所はみんな同じです。そこを徹底分析したメソッドで、全員ゴールに辿り着ける入門教室が秋葉原にあります。1日でWeb画面と簡単なDBまで作れるようになるとってもユニークな速習コース。その方法を1冊に凝縮した本書なら、いきなりの初心者でも、無理せず楽しくPHPとMySQLのエッセンスを習得できます。

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~はこんな本です

ツイートする