NOSQLの基礎知識 (ビッグデータを活かすデータベース技術)

  • 210人登録
  • 3.77評価
    • (15)
    • (19)
    • (17)
    • (4)
    • (1)
  • 29レビュー
制作 : 太田 洋 
  • リックテレコム (2012年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784897978871

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
エリック・リース
伊賀 泰代
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

NOSQLの基礎知識 (ビッグデータを活かすデータベース技術)の感想・レビュー・書評

  • NoSQLの基本がよくまとまってた。でもRDBに一通り慣れてないとアレだと思った(自分)。

  • ぱぱっと読んで次に読むべきNOSQLの専門書を見つけるための本。

    技術書の分類の中ではかなりすらすら読める内容、20時間かからず読めた。
    NOSQLの説明から、さまざまな製品の紹介・分類が行われているため入り口としては適している。内容はまとまっていてよかった。
    ただ、技術的な内容は表面しか書いていないので、結局興味を持ったNOSQLの専門書を別途読む必要がありそう。

  • NOSQL の本。基本的なしくみや比較もあり、概要を知るには良書。

  • NOSQLについての解説本。基本的なDBについての知識があれば読める。100種類以上も出てきているNOSQLを、データモデルとアーキテクチャの観点から分類して解説している。データモデルとしてはもっとも原始的なキー・バリュー型を始めとして、Bigtableなどのカラム指向型、ドキュメント指向型、グラフ型の4種類を置いている。アーキテクチャとしてはマスタ型(マスタ・スレーブ型とマスタ・マスタ型を含む)、P2P型、イネーブラ型(単独で使われることは珍しく、他のRDBやNOSQLと合わせて用いられるもの。Memcachedとか)に分類されている。

    すでにNOSQLの基本的な事項は他書で読んだからか、すんなりいく記述だった。分類もさることながら、それぞれの特徴も簡潔にまとめられている。NOSQLの解説というとキー・バリュー型やカラム指向型のものの解説が多くなるため、ドキュメント指向型、グラフ型についてはもう少し解説が欲しかった。

    この本の特徴としては単なる技術的解説だけでなく、こういう場面ではこのNOSQLがよいと導入のアドバイスが書かれていることだろう。さらに技術的な観点からでなくビジネス的観点から書いてあるのも役に立ちそうだ。著者たちはNOSQLの導入でビジネスをしている人たちだが、自社の広告的記述はだいぶ抑えられている。それも好意的だった。

  • NOSQLの基本がわかる。
    データベースの選び方とかもある程度わかるようになる。読んでおいて損はない一冊。

  • NOSQLの各エンジンについての特徴が理解できた。安易になりすぎず、かつ丁寧に解説しているのが嬉しい。

  • タイトル通りNOSQLの基礎知識本。アーキテクチャによるマスタ型とP2P型の分類。データモデルによるキーバリュー型/カラム指向型などの分類。特性による整合性/拡張性/永続性などの分類。NOSQLについてこれから学ぶ人に分かりやすくまとめられている。

  • ★★★★☆
    NoSQLの基礎がわかる良書
    【内容】
    本書はビッグデータの中心的な技術基盤であるNOSQLを
    平易かつ包括的・体系的に整理しています。

    【感想】
    すっきりしました。
    NoSQLってバズワードすぎてなんとなくレベルだったのですが、しっかり理解出来ました。
    100種類以上あるNoSQLもそのうち集約されていくんだろうな。

    特にどの製品を選ぶべきかという観点は参考になった。
    NoSQLに興味のある人が最初に読むべき本であろう。

    個人的には、CassandraとMongoDBが気になるし良さそう。

    【引用】
    NoSQL
     "SQLだけでなくて、新しいDB技術も利用する必要がある"というムーブメント
     Not only SQLの略
     "RDBでうまく動いているならそれをNoSQLにする必要はない"
     →NoSQLは銀の弾丸ではない。利用目的を絞り込んだDBである。

    BIG DATAへの対応
     Volume(膨大な量)
     Velocity(速く処理する)
     Variety(構造が複雑化)
     →処理するにはRDBでは限界がある。

    NoSQL
     DBクラスタを水平拡張
     汎用的なハードで使える
     複雑で多種多様に変化するデータ構造に対応
     高可用性と高信頼性

    NoSQLの欠点
     機能が弱い(joinすらない)
     データの整合性が弱い(結果整合性:最終的に一致すればOK)

    Hadoop
     並列分散処理を行うためのフレームワーク
     Hadoop Distributed File System(HDFS)
      分散ファイルシステム
     MapReduce
      並列分散バッチ処理プログラム
      MapタスクとReduceタスクに別れる
      Map・・・元データを分解・抽出・変換→出力
      Reduce・ Mapデータを集約→出力

    NoSQLのデータモデル
     100種類以上ある。
     主に以下の4つに分類される
      キー・バリュー型
      カラム指向型
      ドキュメント指向型
      グラフ型
     複数ノードで動く分散システムである。
      マスタ型
      P2P型

    キー・バリュー型(KVS)
     キーとバリュー(値)が1対1の関係。
     2列のテーブルのイメージ
     製品:Dynamo,Voldemort,Riak,Redisなど

    カラム指向
     行キーが、複数の列を持つことができる。
     列は動的に追加できる。
     行を増やすだけでなく列も増やせるDB
     製品:Bigtable,Cassandra,HBaseなど

    ドキュメント指向型
     JSONなどドキュメントの形で管理する。
     ビッグデータ対応というより、使いやすさに重点。
     分散とか速度では、KVSやカラム指向にはかなわない
     製品:CouchDB,MongoDBなど

    グラフ型
     データとデータの繋がりを管理できる。
     製品:InfiniteGraph,Neo4jなど

    CAP定理
     分散システムは最大2つしか満たせない
     C:整合性・・・データが常に同じか
     A:可用性・・・どのクライアントも読み書きできる(Lockしない)
     P:分断耐性・・ネットワーク切れても平気か
     
     NoSQLはまずPが大切(分散型なので)

    CA
     整合性と可用性
     REBMS(Oracle/SQLServer)

    AP
     可用性と分断耐性
     Dynamo,Cassandra,Vodemort,CouchDB,Riak

    CP
     整合性と分断耐性
     Bigtable,MongoDB,HBase,Redis

    NoSQ... 続きを読む

  • データベースとしてのNOSQLについて、その技術要素とビジネス的価値について述べた本。



    NOSQLというのがどういうものなのかについて客観的に大枠を捉えた知識を手に入れて、自分の断片的な知識とすり合わせ、補おうと考えて、本書を手にした。結果は、想像以上によく書けていて驚いた。「さすが後発」という評価レベルを超えてるw



    NOSQLという言葉はクラウドの枠組みの中で語られることがほとんどで、純粋にデータベースの技術要素として語られることは少ない。また、RDBを扱う言語としてのSQLとその対称としてのNOSQLという語られ方をすることがほとんどで、純粋にデータベースという切り口で語られることは少ない。さらに言えば、よくNOSQLデータベース一覧みたいな資料やサイトを見かけるが、「このリストを見た後この情報で何か意味のあることにつなげられるのか?」という当然の疑問を解消してくれる有意義なまとまった情報は見たことがない。道具の本質を的確に捉えた資料はみかけない、という感じ。。

    しかし、本書では、アプリケーションから見たときのデータベースのあり方という前提を当然のように踏まえて、NOSQLという技術要素に代表されるデータベースを類型化し、類型化したデータベースごとの特徴を実体としてのデータベースを引き合いに出しながら、非常に簡潔に述べている。さらには、そのビジネス価値へのつなげかたまで。

    結構な量の技術書を読んで、大概の技術書は数ページに1箇所は確実に首をかしげるような表現が見られ、「技術書はこんなものなんだな」という認識でいたのが、本書を読んできれいにくつがえされた。相当よくまとまってる。ありがちな偏見も見られない。



    内容自体は、CAP定理、Hadoop、Dynamo、Bigtable、Memcached、HBase、Cassandra、Neo4jなど、これが書いてないとまずいだろ的な内容をすべて含んだものだ。これだけ見ればオーソドックスな内容だが、正直これらの内容を過不足なく含んだ上、脱線せずに一定の客観性を保ちながらまとまった資料は本書以外に見たことがない。すごい。

  • NOSQLを俯瞰できる良書。詳細は論文や実装を読むにしろ、とっかかりに便利。CassandraやHBaseなどの実装だけでなく、その背景にあるCAP定理やQuorum、LSM-Treeなどの概要もつかめる。

  • NOSQLとは何ぞやを理解するためにザーッと読んだ.

    世の中のデータの在り方が変わってきたことで,求められるデータ処理の仕方が変わってきたということがわかった.

    分散処理関連の様々な概念が出てきたが,1度読んだだけでは頭に入れるのは難しい.

    それよりも膨らむデータに対して,どういうことが求められていて,それをどう実現していくかという全体像を掴むのにはとても役立つ本だと思う.

  • NOSQLは、言葉しか知らなかったので、概念と製品?がそれなりに理解出来た。

  • 深い話は無くカテゴライズと特徴、比較が載ってる 便利

  • 知っている人には退屈な、知らない人には短時間でさっと理解できる本。
    基礎知識が無く、これからNOSQLに関係する仕事に就こうという人が全体を俯瞰するには調度良い本だと思います。
    仕事に関係なくても、さらっと舐めておくだけで、ビッグデータの技術的な動向を知ったような気分になれます。

  • 「こんなもんかな」感が半端無い。表面をひと撫でしました、これで資料作ってくださいっていうか。
    検索してヒットするネット記事をいちいち全部見る必要が無くていいね、ってとこだが代わりに鮮度は落ちてるし、このレベルの情報は今や書籍で有料で出すもんじゃないと思うが。

  • * 分かりやすくてよかった。さくっと読める。
    * 基礎知識というタイトル通り、非常に基本的な所から、各種用語、概念等の説明があり、それらも分かりやすくまとまっていた。
    * NoSQL 系の DB の一覧や性質による分類もあり、俯瞰して捉えられるようになってよかった。
    * まぁ、 Hibari 寄りの内容が一部あるのはしかたないかなと言った感じ。全面に押し出す感じではなかったので、気になる程ではなかった。
    * かなり薄くてさくっと読めるので、もう少し厚くして詳細まで書いてくれると嬉しかった。

  • 【入手前のコメント】2012/10/24
    NOSQLのデータベースがBig Dataの関連で注目されている。入門ということなので、どんな技術なのか知るために読んでみようかな

  • NOSQL(Not Only SQL)はSQL以外のデータベースの総称。
    近年、数テラ~数ペタバイトとシステムの扱うデータ量が増大しており(ビッグデータ)、DBには従来とは異なる性能が求められている(e.g 高い処理能力・水平拡張への対応・汎用性・柔軟なデータ構造・高可用性・高信頼性等)。これらは従来のRDBだけを利用していては対応できない。

    NOSQLはRDBMSのような整合性に対する厳密さを緩めて、速さを追求したシンプルなDB。そのためNOSQLは一長一短であり、従来のSQLとの使い分けが重要になる。(e.g 業務処理分野において、豊富な機能が求められる場合にはRDB、ビッグデータにはNOSQLなど)

    NOSQLは世界に100種類以上
    これらをデータモデルの観点で分類すると以下のとおり。

    キー・バリュー型:Dynamo、Voldemort、Riak、Hibari、Redis、Scalaris等
    カラム指向型:Bigtable、Cassandra、HBase、Hypertable
    ドキュメント指向型:CouchDB、MongoDB
    グラフ型:InfiniteGraph、Neo4j

    キー・バリュー型の特徴
    ⇒RDBのようなテーブルや関係性を定義せず、キーとバリューを一対のものとして管理するデータモデル。キーを指定することで、そのキーに紐づくバリューを呼び出す。
    サーバを随時追加し、データの保存容量を拡張していくスケールアウトに最適。
    シャーディングにより、キーAはサーバ1、キーBはサーバ2というように、データを分割し格納出来る。

    カラム指向型の特徴
    ⇒キー・バリュー型とは異なり、行キーが複数のカラムを持つことが出来るデータモデル。また行キーはもちろん、カラムも動的に追加していける。

    ドキュメント指向型の特徴
    ⇒JSONやXMLといったデータ記述記述されたドキュメントの形で管理するデータモデル。各ドキュメントは階層構造を持たずフラットであり、ユニークIDで特定される。またドキュメントそのものだけでなく、内容をクエリすることも可能。

    グラフ型の特徴
    ⇒データ間の関係性を管理できるデータモデル。構成要素として、node、relationship、propertyの3つの概念を持つ。


    データモデルとは見方を変え、アーキテクチャの観点で分類すると、以下の2つに大別される。

    マスタ型:Bigtable、CouchDB、HBase、Hibari、MongoDB
    P2P型:Dynamo、Cassandra、Riak、Voldemortt

    マスタ型の特徴
    ⇒一つのマスタノードが、配下にある多数のノードを管理するという構造。マスタがダウンすると、システム全体が止まってしまうため、マスタの冗長化などが必要。

    P2P型の特徴
    ⇒マスタノードに相当するものは存在せず、全てのノードが台頭にお互いを管理し合う構造。仮に一つがダウンしても、他のノードがその役割を引き継ぐ。

  • そのうち再読

  • NOSQLの概要を知ることができるいい本。

    それぞれのNOSQL製品がどういった場面で使用されているか知ることができます。RDBはわかるけど、NOSQLはまだよくしらん、でもこれから勉強しな、、、という人にはピッタリではないかと思います。

  • 【新刊情報】NOSQLの基礎知識 007.6/オ http://tinyurl.com/7s4navn 従来の常識だったSQLデータベースとは異なる仕組みとコンセプトで“ビッグデータ”に対応している「NOSQL」。これからのDB技術の要と目されているその全貌を解説。 #安城

  • ビッグデータという言葉を去年辺りから知ってはいたのだが、ただ単にでかいデータと言う意味で理解していたのだが、それだけではなく、NOSQLというデータベース製品の上で成り立っている仕組みであることが分かった。ほとんどRDBしか知らない私にとって、ビッグデータの管理の考え方である、最終的に整合性があっていればそれでいいという「弱い整合性」という考え方や、データ構造が簡単がゆえに、ハードウェアを継ぎ足していけばシステムをいくらでも大きくできるというスケールアウトの考え方、RDB,NDB,階層型の3つしか知らなかったデータモデル以外に、NOSQLで扱うキーバリュー型・カラム型・テキストドキュメント型・グラフ型というアーキテクチャや分散の考え方であるマスタ型とP2P型など新しい言葉を色々と覚えることができてよかった。

  • NOSQLって、SQL以外のいろいろなDB(風)システムの総称なのか。それからして知らなかった。

    読み進めていくと、自分がいかにRDBの思想に「毒されて」いるかわかる。
    データをRDB風に格納する必要性なんかほとんど無かったのに。

    中でもAP(可用性+分断耐性)重視するシステムに魅力感じるのはそれがいかにもNOSQLっぽく思えるからか。
    サーバーというと堅牢でCP(整合性+分断耐性)重視という印象が強いので、全体的にバランスとって最終的に辻褄合わせるやり方は斬新で夢を感じる。

  • インフラ・ハードウェア関連、環境構築系の技術者、或いはそれらに興味がある人にとっては良書かもしれません。

  • ビッグデータの時代到来として、なぜNOSQLなのかを皮切りにデータモデル、アーキテクチャーの基本を押さえて主な製品とその選択基準を指南するまさにICT関係者必携の書。

    GoogleやAmazonのような膨大なデータを扱う会社がコストダウンしたIAサーバーをクラスタ化して使おうとしたのがことの始まりで、現在主流をなすアーキテクチャーもGoogleのBigtableのマスタ型とAmazonのDynamoのP2P型の二つ大別される。データモデルは基本的なキーバリュー型からカラム指向型、ドキュメント指向型、グラフ型などがある。

    このアーキテクチャーやデータモデルはやや難解であるものの豊富な図によりだいぶ分かりやすくなっており、更にアーキテクチャーとデータモデルのマトリクスで製品が紹介されその認識とともにより一層NOSQLへの理解が深まる。

    自力でやろうとすると気を失いそうなくらい大変そうな性能テストの実例もあり、この辺りも重宝します。また、エンタープライズ系の適用領域として、JSOX法関連として従業員のメールやビジネス文書についての言及もありましたが、JSOX法関連だとIT統制での様々なログ管理などにも使えそうです。もちろん、JSOX以外にも色々と夢は広がります。

全29件中 1 - 25件を表示

NOSQLの基礎知識 (ビッグデータを活かすデータベース技術)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

NOSQLの基礎知識 (ビッグデータを活かすデータベース技術)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

NOSQLの基礎知識 (ビッグデータを活かすデータベース技術)を本棚に「積読」で登録しているひと

NOSQLの基礎知識 (ビッグデータを活かすデータベース技術)の作品紹介

「NOSQL」は、AmazonやGoogle、Facebook等に使われているデータベース技術の総称です。従来の常識だったSQLデータベースとは異なる仕組みとコンセプトで"ビッグデータ"に対応。これからのDB技術の要と目されています。本書はその全貌を、主要16製品の特徴、性能テストの結果まで含め、平易に解説しています。

NOSQLの基礎知識 (ビッグデータを活かすデータベース技術)はこんな本です

NOSQLの基礎知識 (ビッグデータを活かすデータベース技術)のKindle版

ツイートする