世界の終わり

  • 110人登録
  • 3.36評価
    • (12)
    • (12)
    • (35)
    • (9)
    • (1)
  • 25レビュー
著者 : 宮崎誉子
  • リトルモア (2002年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784898150788

世界の終わりの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 仕事いかなきゃ、笑わなきゃ、眠らなきゃって、まるでノルマだよ。死ななきゃ


    登場人物がおんなじ考え方をしていたな。
    二十代半ばから後半にかけてのだめになった女性の絶望の話。
    描写足らずで場面が進んでいくからわかりにくい反面時折見せる文章が鋭かったりして気が抜けない。

    20111113

  • 再々読くらいなんだけど、今読むとちょっと古い感じは否めないね。言葉の選び方とかシチュエーションとか、随所にロックだったりR&Bの要素が入ってたりするんだけど昔だったら、好きだなー、って気にさせられたのだろうけど、今はそうは思わなくなってしまった。これも私が歳を取ったからそう思うだけなのか?それとも時代が変わってしまったからそう思うのか?表題作の「世界の終わり」はミッシェル・ガン・エレファントの同名曲から取ったんだろうけど、世界観がよく出てたと思う。あの曲を小説にするとこう言う文章になるのか、って思った。

  • 相性が合う・合わないという問題以前に、読むタイミングを完全に逸した作品。

    何で今になって出会っちゃったんだ…という感じです。
    90年台後半から00年代初頭に青春時代を過ごした女が今読むと、中々キツイ表現の数々が溢れています。

    うーん、最近ちょっと出会い方が残念な作品多くなってきたな。でも、好きな著者やジャンルばっかり手に取るよりはいいと思うんだ、うん。

  • 読み終えたというよりも途中で挫折した。自分たちが高校生だった頃にみんなが使っていた()内の使い方、文章、口調自分へのツッコミなどが痛々しくって。いま40代の女性が読んだら「イタかゆい」って思うと思う。


    高校時代に女友達とこういう風な文章の手紙を寝ずに書いて文通したっけ。ある意味とても懐かしい。

  • 「世界の終わりは、世界の始まり」
    この人は日常的な絶望をテンポだけで書き進めるのほんと上手だなあっていつもおもう。あらゆる登場人物が徹底的に冷めてるけど、それってある意味すごいリアル。

  • ミッシェルファンが文学賞をとったということで、初めて買ったリトルモア。一気に読んだ。こんなの小説じゃない?そんなこと考えて読む暇があった?涙と笑いでぐちゃぐちゃだよ。微笑み混じりで突き刺さる文章。これを読んで何も感じない人ははっきり言って鈍感だ。自分のナイーブを愛せ。

  • 音楽を聴くようにたんたんとたんたんと。なんだかリズムがいいのです。

  • 20100607

  • カッコイイ生き様の女子達の短編集。文章のリズムがテンポ良く、心地よい疾走感。でも、ズシンと心にくる言葉がたくさん!個人的にナオピョンが好きかも(´・ω・`)

  • 日記みたいな感じ

    ふわふわ浮遊して浮遊して
    うまく着地できるか試されてる感覚をおぼえた

    スモーキン・ピンクがすき
    痛いとこ突かれるワードが溢れてた

全25件中 1 - 10件を表示

宮崎誉子の作品

世界の終わりを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界の終わりの作品紹介

生きるってナンダロウ?ナンダロウって疑問はナンダロウ?希望と絶望は紙一重。秘かに、心の中に革命を感じる。「ストーリーノベル大賞」受賞作家の、初小説集。受賞作『世界の終わり』他、全四篇を収録。

世界の終わりはこんな本です

ツイートする