風音―The Crying Wind

  • 46人登録
  • 3.50評価
    • (4)
    • (10)
    • (19)
    • (1)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 目取真俊
  • リトルモア (2004年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784898151150

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

風音―The Crying Windの感想・レビュー・書評

  • 沖縄の作家・目取真俊さんを知ったのは昨年だった。
    水滴を読んだと思う。
    今回はリトル・モア版の「風音」をいっきに読んだ。
    カバーデザインの印象はさわやかだけれども、
    読んでいくうちに、この作家独特のものを感じる。
    沖縄を舞台に様々な人々が行き交う。
    重い。
    想い。

  • 装丁とタイトルに惹かれて、
    図書館で借りました。

    1985年に発表されたんですね。
    私の生まれ年だあ。



    たくさんの記憶が残る沖縄、

    内縁の夫の暴力に悩む親子、
    戦争で散った好きな人の消息を求める老婦人、
    残された海人、

    特攻隊員の白骨の
    頭蓋骨は頭を撃ち抜かれている。
    その穴に風が吹き込むと
    音が鳴る。

    風葬場の御頭から
    鳴る風音を
    真ん中に物語は進んでいきます。

    仕事帰りの疲れた頭に
    最初は登場人物がポコポコ出てきて、
    読むのに時間がかかりましたが。苦笑


    胸が苦しくなる話。


    途中からは、
    痛くて苦しくて仕方がありませんでした。


    「あの時代、胸中の想いを口にすることなく、
     多くの若者たちが死んでいった。」

    「貴方が此の手紙を読む頃には、
     沖縄へ出撃していると思います。
     御國の盾として己の務めを果たし、
     貴方と家族を護るつもりです。」

    戦争を生きた人たちはどんな思いを抱えていたんだろう。

    考えると、
    とても苦しくなります。


    だけど、
    終わり方がとってもやり切れません。

    綺麗な描写だけど、残酷です。


    どうして幸せになれないんだろう。
    みんな必死なだけなのに。
    やり切れません。
    沖縄の舞台がとても綺麗なだけに、
    余計そう感じました。

    風音が吹くとき、
    泣いてるのか歌っているのか。

    いつか聞きたい魂の音です。

  • オリジナルにはちと劣るが、好き

  • なんでこんなふうにしちゃったんだろう。
    『水滴』の中に入っていた短編の「風音」の方がずっとよかった。
    とても安易でわかりやすい物語になってしまったことが作品の魅力をそいでいると思う。

  • 初恋の人の記憶を辿る旅を続ける老婦人。夫の暴力から逃れて、沖縄へ舞い戻ってきた和江と息子・マサシ。新たな生き方を求めて動き出そうとする人々。戦争の傷跡をなでるように、それぞれの心に風音が鳴り響く。風の音が聴こえますか、人には魂があることを信じますか。芥川賞作家・目取真俊、初の長篇小説。

  • もう一冊、沖縄の本を。<br>
    20年ほど前、沖縄の新聞で連載されていたらしい。本土との関係、アメリカのこと、集落のこと、歴史のこと・・・複雑な事情のど真ん中にある現実を日々生きているからだろうか。沖縄の人には、言いたいことがはっきりとある。文章からそれが伝わってくる。<br>
    普段あまり本を読んで泣かない(泣くような本を読まない)のに、知らぬ間に泣いていた。

  • 映画の脚本を基に加筆されたものだそうだが、じくりと読み応えのある作品だった。生と死と魂と、深い感動が残った。

  • 初恋の人の記憶を辿る旅を続ける老婦人。夫の暴力から逃れて、沖縄へ
    舞い戻ってきた和江と息子・マサシ。新たな生き方を求めて動き出そう
    とする人々。戦争の傷跡をなでるように、それぞれの心に風音が鳴り響く。
    風の音が聴こえますか、人には魂があることを信じますか。
    芥川賞作家・目取真俊、初の長篇小説。

  • 公立図書館で映画なりますーみたいなチラシがおいてあって、映画は高いから、学校の図書館にリクエストして、入れてもらった本。装丁が川内倫子さんで、この人は世界の中心〜の装丁もしたはった人。(写真) 話のおおまかな内容は映画のチラシ読んでたからわかってたけど、読んで思ったのは、きれいなぁって思ったし、戦争の話もすごい関係しとぅやつやから、私みたいな戦争知らん若い子ーにも読んでほしいと思った。登場人物の近所のおばぁが言うてた言葉とか、色んな意味で、本土決戦した、沖縄や、思た。戦争ってこの世の何もかもをぐちゃぐちゃにする、大きな魔物やと思う。

  • 藤井と加納のあれだけで大満足でその他全てがどっか行った

  • 表紙の美しさに惹かれて読んでみたのですが
    沖縄を舞台にした、辛い過去を背負って生きている
    人たちを描いた物語です。
    今の穏やかな沖縄。沖縄ブームの裏側には忘れてはいけない大切な事があります。その事をやさしく、そして強く表現して訴えかけています。

  • 特攻部隊で沖縄の海に沈んだかつての恋仲の男性の遺品を探す高齢の女性。夫の暴力から逃れて、沖縄へ戻ってきた和江と息子・マサシ。新たな生き方を求めて動き出そうとする人々。村の外れにある風葬場に残された頭蓋骨にまつわり、村の居住者と来訪者が戦争の傷跡をなでるように、それぞれの心に風音が鳴り響く。2004.7映画化されたらしい。

  • いつか読んでみたいと思っていた、目取真俊さんの作品。

全16件中 1 - 16件を表示

風音―The Crying Windを本棚に「読みたい」で登録しているひと

風音―The Crying Windの作品紹介

初恋の人の記憶を辿る旅を続ける老婦人。夫の暴力から逃れて、沖縄へ舞い戻ってきた和江と息子・マサシ。新たな生き方を求めて動き出そうとする人々。戦争の傷跡をなでるように、それぞれの心に風音が鳴り響く。風の音が聴こえますか、人には魂があることを信じますか。芥川賞作家・目取真俊、初の長篇小説。

ツイートする